メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月04日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

東海第二原発

関連キーワード

  • 東海第二原発(2017年10月27日 朝刊)

    出力110万キロワット、東京電力福島第一原発と同じ沸騰水型炉で、1978年に運転を開始した。東日本大震災では外部電源を喪失し、津波の影響で非常用発電機3台のうち1台が停止するなどの被害を受けた。津波があと70センチ高ければ全電源を喪失し、原子炉の冷却ができなかった可能性があると指摘される。

  • 日本原子力発電(原電)の東海第二原発(2018年11月01日 朝刊)

    首都圏に隣接する唯一の商用炉で、東京電力福島第一と同じ沸騰水型炉(BWR)。周辺30キロ圏内には、全国の原発で最も多い約96万人が住む。再稼働を目指す原電は、運転開始40年を迎える11月27日までに、安全対策の基本方針、設備の工事計画、運転延長の三つの許認可を得る必要があり、まだ運転延長の審査が残っている。

  • 原子力安全協定(2017年02月09日 朝刊)

    東海第二原発の周辺住民の健康や生活環境を守るために、県、東海村、日立、常陸太田、那珂、ひたちなかの4市が、原電との間で安全確保に関する取り決めを定めたもの。強制力はないが、施設の増設などをするときに、原電は「事前に県と村の了解を得る」との一文がある。市村長側は水戸市を加えたうえで、周辺5市を東海村と同等の扱いにするよう求めている。

最新ニュース

写真・図版

東海第二原発、再稼働時期が明記 「なし崩し」地元反発(2020/3/27)

 停止中の日本原子力発電(原電)の東海第二原発(茨城県東海村)をめぐり、原電が立地・周辺6市村に示した書類に、再稼働時期を2022年12月と明記していたことが分かった。安全対策工事の終了と同時期にあた…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&AIRPORT】私たちが空を目指した理由

    航空会社に内定した学生の思い

  • 写真

    【&TRAVEL】築城名人・藤堂高虎の赤木城

    城旅へようこそ

  • 写真

    【&M】落語は社会のカウンター

    立川吉笑が語る伝統と現代性

  • 写真

    【&w】朝食はお気に入りのカップで

    高山都の日々、うつわ。

  • 写真

    好書好日人気モデルは鉄道マニア

    市川紗椰さんインタビュー

  • 写真

    論座コロナ「医療崩壊」の導火線

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン女優・黒島結菜の愛するもの

    演技、登山、カメラそして……

  • 写真

    T JAPAN浮世絵に見る、江戸の美味

    今も昔も“食いしん坊”万歳!

  • 写真

    GLOBE+ADB前総裁が考えた7年間

    中国にどう向き合うか─。

  • 写真

    sippo兄弟のように育った子猫たち

    2匹一緒に引き取られる

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ