メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

03月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

松本サリン事件

写真・図版

「松本サリン事件」とは 住民8人死亡、600人重軽傷 (2018/7/6)

■松本サリン事件 教団は「真理党」を結成し、90年2月の衆院選は松本死刑囚ら25人の教団幹部が立候補したが、惨敗した。これを機に教団の「武装化」が進んだとされる。 松本死刑囚は同年4月ごろ、幹部らを集めて「全世界にボツリヌス菌をまく」と無差…[続きを読む]

「オウム」を暴走させた3つの転機

オウム真理教が暴走したきっかけはなんだったのか、「3つの転機」から探りました。 [特設ページへ]

最新ニュース

写真・図版

オウム信者が陥った慢性疲労 カルトは「ハラスメント」(2019/2/6)有料会員限定記事

 1年前の2月6日、「長い間、お世話になりました」と中川智正元死刑囚は東京拘置所で語った。接見した「オウム真理教家族の会」会長の永岡弘行さん(80)と妻には刑の執行を予期したように聞こえたという。これ…[続きを読む]

関連キーワード

  • 松本サリン事件(2014年06月27日 朝刊)

    1994年6月27日深夜、松本市北深志1丁目の住宅街で、オウム真理教の信徒が猛毒ガスのサリンをまき、8人が死亡、約600人が重軽症を負った。裁判では、教団元代表の松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚(59)が指示し、サリンの効き目を試した組織的な無差別テロと認定された。刺殺された村井秀夫元幹部を含む実行役7人のうち4人の死刑判決が確定。教団松本支部の土地取得にからむ訴訟で不利な判決を避けるため、地裁松本支部の裁判官官舎を狙うとともに、住宅街でばらまいてサリンの威力を試したとされる。

  • オウム真理教犯罪被害者救済法(2010年07月03日 夕刊)

    2008年12月施行。地下鉄サリン事件や松本サリン事件などオウム真理教による8事件の被害者と遺族に政府が給付金を支払う。死亡は2千万円、障害は要介護3千万円、重度障害2千万円など。傷病は通院1カ月以上で100万円、1カ月未満で10万円。警察庁が把握する被害者は6571人で、うち5451人に計約25億6800万円を支給したが、「事件を思い出したくない」などの理由で377人が辞退。171人とは連絡がついていない。

PR情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】オーストラリア・ダーウィン

    自然とシティリゾートを満喫

  • 写真

    【&TRAVEL】阪急カラーの豪華バスが誕生

    高級感や優雅さを演出〈PR〉

  • 写真

    【&M】ミスチル『深海』の裏話も

    小林武史の「アナログ」愛

  • 写真

    【&w】村上春樹の世界を視覚化

    舞台『海辺のカフカ』〈PR〉

  • 写真

    好書好日カーリング本橋麻里さんの今

    チームを法人化して代表理事に

  • 写真

    WEBRONZAグローバル企業と刑事司法

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンダンヒルが新たに提案した

    クラシック回帰した理由<PR>

  • 写真

    T JAPANバレエ界期待の星、高田茜

    6月『ドン・キホーテ』に出演

  • 写真

    GLOBE+サウジ、観光立国に動く

    NYタイムズ世界の話題

  • 写真

    sippo殺処分前の犬、セラピー犬に

    県補助も、訓練費が課題

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ