メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

松本清張

関連キーワード

  • 松本清張(2018年02月11日 朝刊)

    社会派推理小説というジャンルを開拓した作家。1909年、福岡県生まれ。代表作は「点と線」、「ゼロの焦点」など。日南町には直筆の言葉を刻んだ文学碑が建てられている。92年に82歳で死去。

  • 北九州市立松本清張記念館(2008年12月06日 朝刊)

    松本清張の生涯と作品を紹介する目的で98年8月、小倉城内に開館。自宅の書斎や3万冊を収めた書庫を移し再現。これまでに20回の企画展を開催。研究者や作家らによる講演会や、清張作品が原作の映画などの上映会も開いている。

  • ブルートレイン(2009年11月21日 夕刊)

    1956年、東京と博多を結んだ「あさかぜ」が元祖。松本清張の推理小説「点と線」にも登場し、「走るホテル」と呼ばれた。高度経済成長とともに本数を増やし、75年の山陽新幹線博多開業前には1日20本以上の列車が東京や関西から九州に乗り入れた。しかし、新幹線や飛行帰高速バスの拡充に押され、今年3月、「富士・はやぶさ」(東京—大分・熊本)を最後に九州からは姿を消した。現在は、東北を中心に「北斗星」(上野—札幌)、「日本海」(大阪—青森)など4本が残るが、車両の耐用年数が近づいている。

最新ニュース

写真・図版

(be report)「生鮮」ながら機能性表示食品 悩ましいのはパッケージ(2019/5/18)有料記事

 食品の健康効果を、企業が消費者庁へ届け出るだけで表示できる「機能性表示食品制度」が始まって4年。根拠が薄い食品が出回ることに懸念の声もあったが、届け出受理件数は2千件を超えて定着しつつある。意外なこ…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ