メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

松阪市

関連キーワード

  • 松阪市の図書館改革(2014年10月17日 朝刊)

    レンタル大手「ツタヤ」の運営会社が指定管理者になり、新刊本の販売やDVD有料レンタルのゾーンもある佐賀県武雄市図書館を参考に、山中市長が昨年4月に打ち出した。その後、武雄市の樋渡啓祐市長を招くなどして松阪市が2回開いたシンポジウムで、市民や有識者から、販売との併用などを敬遠して公的図書館としての役割を求める声が多く出た。このため松阪市は、「ツタヤ方式」に代わり、松阪図書館を隣接する公園などと一体的に改修し運営委託するPFI方式を模索。建設費12億5千万円、年間運営費2億2千万円とするコンサルト会社の調査結果を、今年8月に庁内の民間委託等検討委員会(委員長=小林益久副市長)が了承した。

  • 三つどもえの松阪市長選(2015年12月27日 朝刊)

    山中光茂氏が2期目途中で辞職したのに伴い実施された。10月4日の投開票で、元自民党県議の竹上真人氏が初当選した。山中氏に後継指名を受けた元市職員の梅本陽子氏、元民主党衆院議員の森本哲生氏も立候補。竹上氏の得票は2万5935票で、2位の梅本氏とは約1500票差の「薄氷の勝利」だった。同時にあった市議補選(被選挙数3)にも山中氏を支持する3人が立候補し、1人が当選した。

  • 松阪牛(2010年06月06日 朝刊)

    松阪市を中心とした地域で育った黒毛和牛。出産経験がない雌牛だけに限られる。大半は県外から購入した生後約8カ月の子牛を肥育する。2009年度の子牛の産地は、宮崎が1位(約44%)、鹿児島が2位(約12%)、北海道が3位(約10%)、兵庫が4位(約9%)となっている。

最新ニュース

写真・図版

生カタツムリ、そのお味は? 元探検部の記者が試食 ココハツ(2019/1/19)有料記事

 「エスカルゴ」としてフランス料理でもおなじみのカタツムリ。寄生虫もいるので生食は御法度、のはずが、刺し身で食べられる施設があると聞き、食べてきました。 多くのカタツムリやナメクジには「広東住血線虫」…[続きを読む]

松阪市をコトバンクで調べる

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】夜景やイルミに!

    失敗しない撮影術

  • 写真

    【&TRAVEL】長府毛利氏の串崎城の魅力は

    城旅へようこそ

  • 写真

    【&M】演技は心のリハビリでした

    門脇麦さんインタビュー

  • 写真

    【&w】アカデミーの「圧力」に抗議

    本命不在、波乱の映画賞レース

  • 写真

    好書好日どこまで美味しく描けるか

    異能のクレヨン画家の人気絵本

  • 写真

    WEBRONZA乱用される鎮痛薬

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン一緒に海に潜りたい

    ほのかが語る理想のデート

  • 写真

    T JAPANせきねきょうこが選ぶホテル

    新・東京ホテル物語 第34回

  • 写真

    GLOBE+子供が描く空が鉛色

    ソウルをむしばむ大気汚染

  • 写真

    sippo先代と同じ犬種を引き取る

    ブリーダーが放棄したフレブル

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ