メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月28日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

柏崎刈羽原発

関連キーワード

  • 柏崎刈羽原発(2020年09月24日 朝刊)

    新潟県柏崎市と刈羽村にまたがって福島第一原発と同じ沸騰水型炉(BWR)が計7基ある。総出力は計821万2千キロワットで、一つの発電所としては世界最大級。1985年に1号機が営業運転開始。96〜97年に稼働した出力135万6千キロワットの6、7号機が最も新しい。1〜5号機の今後の計画は未定。07年の中越沖地震では想定を超える揺れに襲われ、変圧器で火災が発生するなどの被害が出た。

  • 柏崎刈羽原発1・7号機(2011年06月16日 朝刊)

    1号喫出力110万キロワット)は1985年に、7号喫同135・6万キロワット)は97年に営業運転を始めた。2007年の中越沖地震当時は7号機と3、4号機が運転中、2号機が起動中で、いずれも緊急停止。7号機は09年5月に地震後初めて運転を再開したが、燃料棒から放射性物質が漏出するトラブルが起こり同9月に停止した。再開後の10年9月にも燃料漏れを起こし、現在は漏出を防ぎながら運転中。1号機は10年5月に運転を再開した。1、7号機は定期検査が8月から予定されていて、通常2〜3カ月かかる。

  • 柏崎刈羽原発の原子炉許可取り消しを求めた行政訴訟(2012年07月13日 朝刊)

    1号機の原子炉設置許可取り消しを求め、1979年に地域住民たちが当時の通商産業相を訴えた。1、2審で「国の安全審査に不合理な点はない」との判決が出て、上告。その後の2007年に中越沖地震が起きて同原発が被災し、3千カ所以上が壊れるなどしたため、原告側は口頭弁論を開くよう求めたが、最高裁は同地震の発生は「判断を左右するものではない」として、09年に上告を棄却。住民側の敗訴が決まった。

最新ニュース

写真・図版

米山隆一氏が立候補表明 室井佑月さんは「応援します」(2020/11/27)

 前新潟県知事の米山隆一氏(53)が27日、次期衆院選で新潟5区に立候補することを正式に表明した。政党の公認は受けず、野党統一候補としての出馬をめざす。同区は自民党現職で元同県知事の泉田裕彦氏(58)…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】本上まなみの暮らしと子育て

    様々な選択肢を自由にチョイス

  • 写真

    【&TRAVEL】川のワイン飲むイベント

    オンライン参加者募集

  • 写真

    【&TRAVEL】光秀イメージしたパフェも

    にっぽんの逸品を訪ねて

  • 写真

    【&M】家族みんなが幸せな家庭が夢

    この夢は幻想ですか?

  • 写真

    【&w】考える前に、歌っちゃえ!

    小西真奈美さんインタビュー

  • 写真

    好書好日令和によみがえった黒井ミサ

    エコエコアザラクREBORN

  • 写真

    論座バス停女性死亡と携帯電話

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン編集長の見立て #37

    腕時計は何を選ぶのが正解か

  • 写真

    T JAPAN大人のための名品オイル

    ハイスペックな9品を厳選

  • 写真

    GLOBE+ペットをもっと魅力的に

    今すぐ使える撮影テクニック

  • 写真

    sippo乃木坂46 北野日奈子さん

    夢をくれた、愛犬との14年

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ