メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

染色体

関連キーワード

  • 染色体異常18トリソミー(2015年06月01日 朝刊)

    22対で計44本ある「常染色体」のうち、18番目が3本ある先天性の病気。21番目が3本ある「ダウン症」よりも症状が重い。胎児は発達が遅れ、多くが流産や死産となる。生まれても重い心臓疾患などを抱え、長くは生きられないとされている。

  • 羊水検査(2013年05月20日 夕刊)

    妊婦のおなかに針を刺して子宮内の羊水を採取し、胎児の細胞を調べる検査。胎児の染色体異常などが高い精度でわかるが、0・3%の確率で流産のおそれがある。今年4月、妊婦の体に負担をかけずにできる血液採取による新しい出生前診断が一部の病院で始まったが、陽性の場合、確定診断には羊水検査が必要となる。

  • 受精卵診断(2012年07月11日 夕刊)

    体外受精させた受精卵が4〜8個の細胞に分裂した段階で、遺伝子や染色体を調べ、異常のない受精卵を子宮に戻す技術。「着床前診断」とも呼ばれる。羊水中の胎児の細胞などを調べる出生前診断と違い、妊娠前に調べられる。日本産科婦人科学会は対象を重い遺伝病や染色体異常が原因の習慣流産などに限っている。

最新ニュース

写真・図版

キンギョ色々80種、遺伝子7万個がカギ!? 全ゲノム解読 阪大などチーム(2019/7/2)有料記事

 ずんぐりとしたランチュウや、目がぎょろっとした出目金など多くの品種があるキンギョ。大阪大などの研究チームが、その全ゲノム(遺伝情報)の解読に成功した。魚類の中ではかなり多い約7万個の遺伝子を持ってい…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&D】17のカラーバリエーション

    安心・快適な車内空間〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】日立のビーチで人魚に変身!

    あの街の素顔

  • 写真

    【&M】長時間労働を減らすには

    残業時間の上限を設定しよう

  • 写真

    【&w】100人に1人が抱える孤独

    ほんやのほん

  • 写真

    好書好日「わがまま」我慢しないで

    社会改革の一歩として考える

  • 写真

    論座苦悩する「沖縄の保守」

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン注目の女優・山口まゆ

    思い描く理想の男性像とは

  • 写真

    T JAPAN坂本龍一、本の可能性を語る

    メディアとして本の価値

  • 写真

    GLOBE+日韓、なぜここまでこじれる

    鈴木一人教授の視点

  • 写真

    sippoいきなり子猫3匹を迎えた

    猫社会が生まれ、問題も解消

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ