メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

栗山巧

栗山巧

2016年7月4日、プロ15年目で球宴に初選出された西武の栗山

写真・図版

西武・栗山「手応えは完璧」 球宴初出場で初アーチ (2016/7/16)

(15日、プロ野球オールスター戦、全セ5―4全パ) ●栗山(西) 球宴初出場、初打席で本塁打。「手応えは完璧。いつもは他チームの人は喜んでもらえないけど、今日はみんな喜んでもらえてうれしい」…[続きを読む]

写真・図版

球宴で見たい「巧みな技」 西武・栗山、プロ15年で初 (2016/7/5)

■スコアの余白 直球だけの真っ向勝負や、柵越えしか狙っていないフルスイング。球界最高峰の選手たちが、派手なプレーを見せ合う球宴が、間もなくやってくる。西武の栗山巧はプロ15年目で初めて、その舞台に呼ばれた。 ようやくか――。それが率直な感想…[続きを読む]

レオ栗山、技あり記録達成 通算1500安打(2016/6/19)

■西武・栗山巧(32)(19日、西武7―5ヤクルト) 西武の栗山は、いつものスタイルだった。八回2死。際どいコースを見極めて、フルカウントまで持ち込んだ。 甘く入ってきた、144キロを流し打ち、三遊間を鋭く抜いた。通算1500安打達成だ。 …[続きを読む]

写真・図版

西武・栗山が通算1500安打達成 プロ120人目 (2016/6/19)

西武・栗山が通算1500安打。八回、ヤクルトの秋吉から左前打を放ち達成。プロ120人目。初安打は2004年9月24日の近鉄戦(大阪ドーム)で、七回に小池から。…[続きを読む]

写真・図版

西武・栗山、輝き続ける理由は プロ15年目で記録達成 (2016/5/23)

■スコアの余白 長く第一線で活躍できる理由を実感した。プロ15年目に突入した西武の主将、栗山の話である。 5月21日、西武はソフトバンク相手にサヨナラ勝利を挙げた。1点を追う八回、栗山は2死一、二塁から右前へ同点適時打を放った。対戦経験の少…[続きを読む]

栗山巧

くりやま・たくみ 兵庫県出身。1983年9月3日生まれ。育英高から2001年秋のドラフト4位で西武に入団。08年に最多安打。10年にゴールデングラブ賞、13年3・4月に月間MVPを受賞。16年6月19日のヤクルト戦で史上120人目の通算1500安打を記録した。身長177センチ、体重85キロ。右投げ左打ち。左翼手。背番号1。

最新ニュース

写真・図版

先制&一発、強打の2番大田 日本ハム8―0西武 プロ野球(2019/5/12)有料記事

 いま他球団にとって日本ハムで一番の要注意打者は2番大田だ。4月下旬から好調で、5月の打率は4割に乗る。この日も2安打3打点。大勝を呼び込み、チームは単独2位になった。 甘い球は逃さなかった。三回、内…[続きを読む]

PR注目情報

注目コンテンツ