メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

核家族

関連キーワード

  • 納棺師(2009年04月13日 夕刊)

    遺体の口元を整え、ひげそりや化粧をして生前に近い顔に戻し、体をふきながら着物などに着せ替えて棺に納める役割。元々は大手納棺業者の社内資格の名称で、公的資格ではない。納棺にはかつては遺族も積極的にかかわったが、核家族化に伴い葬儀社の業務の一環になった。近年は「故人をきれいにしてから送ってやりたい」「ゆっくりと、お別れがしたい」といった遺族の要望を受け、専門業者が台頭。専門スタッフを抱える葬儀社も多い。湯灌や遺体保全のサービスを提供する業者もいる。

  • 奈良市のデータ(2009年06月30日 朝刊)

    奈良市子育て課によると、女性の就業率が低く39・7%(全国平均45・5%、05年国勢調査)にとどまる。逆に専業主婦率は全国トップレベルの51・7%(同41・6%、同)。核家族世帯の割合64・6%(同57・9%、同)、男性の県外就業率42・4%(同10・4%、同)、25〜29歳女性の県外転出率30・1%(00年国勢調査)といずれも高い。女性が生涯に産む子どもの平均数を示す合計特殊出生率は県平均を下回る1・14(07年)。

  • 子ども劇場(2010年05月12日 朝刊)

    1960年代に福岡県内の母親グループが設立し、その後全国に広がった。テレビの普及や核家族化などで、子どもたちを取り巻く文化や遊びが変わっていくことに母親らが危機感を持ったのが背景とされる。「おおいた子ども劇場」は70年8月にスタートし、2004年にNPO法人化。県内では他に日田、中津、別府、佐伯の4団体があり、独自に活動している。

最新ニュース

福島のもう一つの危機 被災自治体職員の疲弊(2019/7/21)

住民に先んじて帰還した自治体職員 東日本大震災と、その後に引き起こされた福島第一原発事故から8年が経過しつつある。福島県においては、数多くの被災市町村が役場ごと避難するという、自然災害ではおよそ考えら…[続きを読む]

核家族をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&D】鎌倉・逗子・葉山を巡る

    三浦半島をまったりドライブ

  • 写真

    【&TRAVEL】人気急上昇の絶景アイランド

    楽園ビーチ探訪

  • 写真

    【&M】シャバシャバのルーにゴロリ

    インドカレーカーマ(神保町)

  • 写真

    【&w】子どもと一緒に読んで作って

    レシピ本『おいしいおはなし』

  • 写真

    好書好日くだらなくて崇高な短編集

    平山夢明の新刊「あむんぜん」

  • 写真

    論座写真家はユーチューバーへ

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン仕事帰りに、落語のススメ。

    オススメの噺家さんも紹介

  • 写真

    T JAPANハリウッドの名優勢ぞろい!

    映画『ゴールデン・リバー』

  • 写真

    GLOBE+原爆の惨禍、アラビア語で

    「はだしのゲン」中東で広める

  • 写真

    sippoいきなり子猫3匹を迎えた

    猫社会が生まれ、問題も解消

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ