メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月04日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

核燃料サイクル

関連キーワード

  • 核燃料サイクル(2016年12月11日 朝刊)

    原発の使用済み核燃料を再処理してプルトニウムを取り出し、ウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)燃料をつくり、高速増殖炉で使うシステム。再処理工場、MOX燃料工場、高速増殖炉が主要3施設。実用化した国はなく、苦肉の策としてMOX燃料を原発で使うプルサーマルが広がっている。これもサイクルの一種といわれることもある。プルトニウム増殖に代わり放射性廃棄物の減少に重点を置いた高速炉という概念もある。

  • 核燃料サイクル関連施設(2012年03月19日 夕刊)

    原子力発電所でウランを燃料に利用した後、使用済みの核燃料を再利用する計画に関わる施設。「再処理工場」(青森県)や「MOX燃料加工工場」(同)、「ウラン濃縮工場」(同)などがある。再処理工場でプルトニウムを取り出し、MOX燃料工場で加工する。MOX燃料は本来、「高速増殖炉」に使う構想だったが、原型炉「もんじゅ」(福井県)の事故もあり、ふつうの原発で使うプルサーマル計画が進められた。

  • 核燃料サイクル政策(2013年11月18日 朝刊)

    国内の原発で使い終えた核燃料はすべて、プルトニウムを取り出す「再処理」をして再び燃料として使うことになっている。青森県六ケ所村で日本原燃が再処理工場を造って1997年に完成する予定だったが、トラブルなどで今も完成していない。政府は、再処理後に出る「核のごみ」(高レベル放射性廃棄物)はガラスで固めて300メートルより深い地下に埋める最終処分をすることにしている。

最新ニュース

写真・図版

「核のごみ」どこへ 知事、国民全体の課題(2020/12/3)

 「核のごみ(原発から出る高レベル放射性廃棄物)」の最終処分場の選定プロセスが北海道の寿都(すっつ)町と神恵内(かもえない)村で動き始めた。選定プロセスの入り口にあたる「文献調査」が進んでいる。「核の…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】子どもの好奇心に寄りそう

    厚切りジェイソンさん

  • 写真

    【&M】遊び心をくすぐるワイナリー

    甲州「98WINEs」

  • 写真

    【&TRAVEL】自然とグルメの楽園チェジュ

    済州観光公社

  • 写真

    【&M】素材にこだわる南インド料理

    タミルナドゥ(東京・目黒)

  • 写真

    【&w】ジャムを炊きながらの妄想

    料理人・野村友里さん

  • 写真

    好書好日脱成長コミュニズムとは何か

    斎藤幸平さんのマルクス新解釈

  • 写真

    論座菅政権の逃げの政治の危うさ

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン岸谷五朗が綴る大人の物語

    「部長メシ」が持つ特別な意味

  • 写真

    T JAPAN巨匠写真家ニュートンの素顔

    女性の視点から描く

  • 写真

    GLOBE+モルドバ「鉄の女」が勝利

    ロシアの頭痛の種がまたひとつ

  • 写真

    sippo動物看護師の細やかな心配り

    犬や猫の不安をやわらげる

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ