メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月06日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

核燃料

関連キーワード

  • 核燃料(2012年06月24日 朝刊)

    製造工場では、原料のウラン粉末を成形、焼き固めて縦横1センチほどのペレット(筒形の小片)にする。ペレットは金属筒に詰められ、長さ4メートル弱の1本の燃料棒になる。燃料棒を70〜260本ほどを束ねた「燃料集合体」が原発に納入される。核燃料は東海村に工場を持つ「原子燃料工業」「三菱原子燃料」と、神奈川県横須賀市の「グローバル・ニュークリア・フュエル・ジャパン」の3社で製造。原燃工と三菱原燃は東海村の2工場だけで国内生産量の約4割の生産能力を持つ。

  • 核燃料サイクル(2016年12月11日 朝刊)

    原発の使用済み核燃料を再処理してプルトニウムを取り出し、ウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)燃料をつくり、高速増殖炉で使うシステム。再処理工場、MOX燃料工場、高速増殖炉が主要3施設。実用化した国はなく、苦肉の策としてMOX燃料を原発で使うプルサーマルが広がっている。これもサイクルの一種といわれることもある。プルトニウム増殖に代わり放射性廃棄物の減少に重点を置いた高速炉という概念もある。

  • 青森県六ケ所村の核燃料再処理工場(2008年09月29日 朝刊)

    全国の原発から運ばれてくる使用済み燃料からプルトニウムやウランなどを取り出し、再利用する核燃料サイクル政策の要の施設。日本原燃(本社・六ケ所村)が06年3月から本物の使用済み燃料を使う試験運転を開始。問題がないと国が判断すれば、関係自治体と安全協定を結び本格運転に入る。

最新ニュース

写真・図版

原発の廃炉を監督する認可法人を設置へ 国の管理下で資金確保(2022/10/5)

が決まっている。2020年代半ばから原子炉の解体など作業が本格化する見通しだ。 原子力に関する国の認可法人には、使用済み核燃料の再処理事業を担う「使用済燃料再処理機構(NuRO)」や、原発から出る高レ… …[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】街にとけこむ山梨の隠れ家

    このパンがすごい!

  • 写真

    【&M】戸次重幸さんインタビュー

    “かっこ悪いかっこよさ”とは

  • 写真

    【&Travel】ラーメンで思い出す北島三郎

    北海道石狩市へ「心の旅」

  • 写真

    【&M】「デュカト」日本上陸へ

    キャンピングカーで行こう!

  • 写真

    【&w】スクールガールで扉を開く

    シトウレイの好きな服似合う服

  • 写真

    好書好日作家・谷丹三、初の作品集

    著作権継承者不明ゆえの苦労

  • 写真

    論座安倍元首相への歴史の審判は

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン大野拓朗×TREK

    e-bike「FX+2」が最高<PR>

  • 写真

    Aging Gracefully多様化する日本の女性たち

    家族の形も働き方もさまざま

  • 写真

    GLOBE+不耕起栽培、支える農機具は

    ロボット技術などハイテクも

  • 写真

    sippo猫の感染症は命の危険も

    飼い主ができることは?

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ