メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

核軍縮の道は

関連キーワード

  • 核不拡散・核軍縮に関する国際委員会(ICNND)(2009年09月30日 朝刊)

    08年6月に訪日したラッド豪首相が当時の福田首相に設立を提案した。核保有国の米ロ英仏中とインド、パキスタンを含む15カ国15人の元政府高官らが委員。川口順子元外相、ギャレス・エバンス元豪外相が共同議長を務める。

  • 米ロ核軍縮交渉(2009年12月19日 夕刊)

    米国と旧ソ連は1991年、第1次戦略兵器削減条約(START1)に調印。核弾頭数を各6千発に削減することを決めたが、2009年12月5日に失効。ブッシュ米前政権時代のモスクワ条約(02年)は、核兵器の解体義務はなく実効性に乏しい。同政権下では米国のミサイル防衛(MD)欧州配備をめぐってロシアと対立が増していたが、「核なき世界」を提唱するオバマ米大統領の下で関係改善。09年4月、両国はSTART1後継条約を12月までに締結すると表明。7月には核弾頭数を1500発から1675発までに削減するなどの大枠で合意していた。

  • 核軍縮・不拡散イニシアチブ(NPDI)(2014年04月08日 朝刊)

    核兵器のリスクが低い世界をめざし、核兵器を保有していない日本、豪州、ドイツ、オランダ、ポーランド、カナダ、メキシコ、チリ、ナイジェリア、トルコ、フィリピン、UAE(アラブ首長国連邦)の計12カ国の外相らが議論する枠組み。2010年9月に米ニューヨークで第1回会合が開催された。核廃絶への行動計画の着実な実施を核不拡散条約(NPT)の加盟国に求める「作業文書」を作り、NPT再検討会議の準備委員会に提出している。

最新ニュース

写真・図版

秋田)「核廃絶に協力を」長崎で被爆の小峰さんが訴え(2018/7/16)

 長崎原爆や秋田市の土崎空襲の体験談を聴く「ナガサキ・土崎 被爆証言講話会」が15日、秋田市内で開かれ、約70人が参加した。4歳の時に長崎で被爆した小峰秀孝さん(77)は「人間が造った核兵器は、世論の…[続きを読む]

核軍縮をコトバンクで調べる

写真

  • 被爆体験やその後の苦労を語る小峰秀孝さん=2018年7月15日、秋田市中通1丁目のにぎわい交流館AU
  • 日米原子力協定を巡る動き
  • <英国でも演出> ウィンザー城で13日、閲兵する英国のエリザベス女王(左)とトランプ米大統領=AP
  • JR長崎駅前で署名を集める嶋田千佐子さん(中央)と川崎有希さん(右)=2018年7月14日、長崎市尾上町
  • 米ホワイトハウスで5月、米朝首脳会談の中止について説明するトランプ米大統領=ランハム裕子撮影
  • 「ICANと被爆者のつながりを太くしたい」と話す宮田隆さん=2018年7月4日、長崎県雲仙市小浜町
  • 原爆と戦争展の会場で被爆体験を語る近藤捷治さん=下関市役所
  • 昨年11月に開かれた144回目の語り部の会=広島市中区、上田幸一撮影
  • 国連のグテーレス事務総長=ロイター
  • V・ファーレン長崎の高田明社長
  • 高田明氏
  • 核と人類取材センター・田井中雅人 
  • 核弾頭や核物質の量を示すポスターについて説明する鈴木達治郎センター長=2018年6月13日、長崎市文教町
!

朝日新聞デジタルヘッドラインの誤送信について

!

シンプルコースも「auかんたん決済」で

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】ハン・ソロなりきり水鉄砲

    フォースと共に

  • 写真

    【&TRAVEL】サマルカンドからテルメズへ

    三蔵法師を巡るディープ旅

  • 写真

    【&M】高橋愛を支えきった新垣里沙

    モー娘。復権までの道のり

  • 写真

    【&w】前人未到の境地

    「草間彌生」展

  • 写真

    好書好日藤巻亮太の旅是好日

    サン=テグジュペリを想う

  • 写真

    WEBRONZA女性科学者の#Me Too

    学者として生き残った私の声

  • 写真

    アエラスタイルマガジンジュラシックシリーズ最新作

    恐竜をめぐる重厚な人間ドラマ

  • 写真

    T JAPANイサム・ノグチの仕事を観る

    光や空間までも“彫刻”した男

  • 写真

    GLOBE+ロヒンギャの友と私の15年

    ミャンマーの故郷を訪ねる夢は

  • 写真

    sippo保護犬と住めるシェアハウス

    単身者も犬の飼育OK

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ