メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

根室市

関連キーワード

  • サンマ水揚げ量(2011年05月09日 朝刊)

    全国さんま漁業協会によると、昨年の水揚げ量は根室市の花咲港が4万7537トンで全国一。一昨年の2位から1位に返り咲いた。宮城県の気仙沼港2万5022トン、女川港2万3061トンと続き、4位が岩手・大船渡港2万1687トン、5位釧路港1万6773トンだった。道内の水揚げは計8万2846トン。被災した青森、岩手、宮城、福島県と道内を合計すると17万8722トンとなり、日本全体の9割を超える。

  • 花咲ガニ(2013年04月27日 朝刊)

    タラバガニの仲間で、濃厚な味に人気がある。名前の由来は「根室市の花咲港で水揚げされたから」とも「ゆでると花が咲くように真っ赤になるから」ともいわれる。コンブの漁場でとれるため昔はコンブガニとも呼ばれた。5月から9月が主な漁期。

  • 第31吉進丸銃撃拿捕事件(2007年08月17日 朝刊)

    06年8月16日午前、根室市の根室湾中部漁協所属のカニかご漁船第31吉進丸(A船長、4人乗り組み)が、北方四島海域の貝殻島付近で、ロシア連邦保安庁国境警備局に拿捕された。その際、ロシア側から銃撃を受け、甲板員の盛田光広さん(当時35)が死亡した。A船長は、ロシア側裁判所で、国境侵犯と密漁の罪を認め、罰金の有罪判決を受けた。

最新ニュース

写真・図版

サンマ、緩い漁獲枠 厳格化課題 北太平洋で年55万トン強、合意(2019/7/20)有料記事

 サンマ漁で初の国際的な漁獲枠が、北太平洋で来年から導入される。難色を示した中国を、日本などが説得した。ただ、こぎ着けた枠は年55万トン強。過去10年間で1度しか超えていない緩い水準だ。サンマを末永く…[続きを読む]

根室市をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&D】鎌倉・逗子・葉山を巡る

    三浦半島をまったりドライブ

  • 写真

    【&TRAVEL】人気急上昇の絶景アイランド

    楽園ビーチ探訪

  • 写真

    【&M】シャバシャバのルーにゴロリ

    インドカレーカーマ(神保町)

  • 写真

    【&w】子どもと一緒に読んで作って

    レシピ本『おいしいおはなし』

  • 写真

    好書好日くだらなくて崇高な短編集

    平山夢明の新刊「あむんぜん」

  • 写真

    論座写真家はユーチューバーへ

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン仕事帰りに、落語のススメ。

    オススメの噺家さんも紹介

  • 写真

    T JAPANハリウッドの名優勢ぞろい!

    映画『ゴールデン・リバー』

  • 写真

    GLOBE+原爆の惨禍、アラビア語で

    「はだしのゲン」中東で広める

  • 写真

    sippoいきなり子猫3匹を迎えた

    猫社会が生まれ、問題も解消

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ