メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

格納容器

関連キーワード

  • 炉心溶融(2011年03月13日 朝刊)

    原子炉内の水位が下がり、炉心が水中から露出すると、燃料の温度が上昇し、燃料を入れた金属製の器(被覆管)が溶ける。冷却が不十分だと燃料の溶融から、さらに炉心の構造物の破壊と落下が起こる。ここに水があると、水と溶融物が接触し急激な爆発が起こる恐れがある。爆発で格納容器が破壊されれば、大量の放射性物質が環境に放出されることになる。

  • 原発収束に向けた工程表(2011年04月19日 朝刊)

    東京電力が17日に発表した。原子炉を安全な状態で停止するまでに、6〜9カ月かかるとの見方を示した。シナリオは2段階のステップを設定。原子炉と燃料プールの安定的な冷却状態を確立し、さらに放射性物質の放出を抑制することを基本に据えている。盛り込まれた対策は63項目。考えられるリスクも9項目を挙げた。2号機の格納容器の破損や4号機の燃料プールを支える建屋の強度不足といった現状認識も明記した。

  • 循環注水冷却(2011年06月28日 朝刊)

    タービン建屋などにたまった高濃度の放射能汚染水を浄化し、再び原子炉内に戻して炉心を冷やす仕組み。東電は当初、原子炉に備わる本来の冷却装置の復旧や、格納容器の冠水を試みたが、機器の損傷などで事実上断念。代わりに、5月に改訂した事故収束の工程表に盛り込み、「安定的な冷却」を目指す7月中旬までに開始するとした。来年1月までに達成するとした「冷温停止状態」にとっても欠かせない位置づけだ。

最新ニュース

写真・図版

福島第一3号機、燃料取り出しへ 高い線量、遠隔操作 来週にも開始(2019/4/12)有料記事

 東京電力は11日、来週にも福島第一原発3号機の使用済み燃料プールから核燃料の取り出しを始める、と発表した。使用済み燃料の取り出しは4号機で完了しているが、メルトダウンを起こした1~3号機では初めて。…[続きを読む]

格納容器をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】ティーバッグ30種を3名に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    【&TRAVEL】ピンクに染まった河川敷!

    銘酒とサクラエビを堪能する旅

  • 写真

    【&M】いすゞベレット1600MX

    小川フミオ「世界の名車」

  • 写真

    【&w】よい味、よい甘さのよい加減

    松本白鸚さんの別腹

  • 写真

    好書好日主人公はセンターバック!

    サッカー漫画「Mr.CB」

  • 写真

    論座インバウンド拡大に浮かれず

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンつい手が出てしまうおいしさ

    菓子界の重鎮が作る手土産

  • 写真

    T JAPANインテリアデザインの未来図

    キーパーソンが語ったこと

  • 写真

    GLOBE+観光で人気、だからじゃない

    なぜフランスを代表する存在に

  • 写真

    sippo橋の上にいたフラフラの子猫

    わが家の長男梵天丸との出会い

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ