メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

桜を見る会

写真・図版

山口県からご一行、桜を見る会へ 首相夫妻と記念撮影も有料会員限定記事 (2019/11/13)

東京都葛飾区の「柴又」散策から、屋形船で昼食を取るコースまで――首相の地元事務所による「桜を見る会ツアー」が、朝日新聞が入手した資料から明らかになった。 2018年のツアーに参加した山口県下関市の男性は、ツアー出発日の同年4月20日、知人…[続きを読む]

写真・図版

桜を見る会に参加、ブログ続々削除 首相地元の政治家ら有料会員限定記事 (2019/11/12)

安倍晋三首相が開いた「桜を見る会」に参加した政治家たちが、当時のブログなどを次々に削除している。朝日新聞が、ウェブ上に保管されているデータから内容を確認すると、自身の後援会関係者らと「見る会」を満喫する光景が浮かぶ。 首相の地元・山口県。…[続きを読む]

関連キーワード

  • 桜を見る会(2014年04月12日 夕刊)

    皇族や各国の大使のほか、各省庁から推薦を受けた人たちが招待される。内閣官房によると、多くは国際活動や災害救助などで功績のあった人たちという。芸能人やスポーツ選手は政府・与党が推薦する。会場には団子やたい焼き、焼き鳥などのブースも設けられる。乾杯の際に日本酒を飲むが、新宿御苑の中では飲酒が禁止されているため、内閣官房の担当者は「本当になめる程度」と強調する。招待客用の手土産は用意されていない。会が開かれる午前8時半から10時半まで一般客の入場は禁止され、招待客がゆっくり散策するという。

最新ニュース

写真・図版

党綱領改定、中国を批判 「野党連合政権」めざす 個人後援会、設立認める 共産党大会が閉幕(2020/1/19)有料記事

 共産党が3年ぶりに開いた党大会が18日、閉幕した。中国の外交政策を批判する内容を盛り込んだ綱領改定のほか、2022年までに「野党連合政権」の樹立をめざす決議を採択。個人後援会の設立も40年ぶりに解禁…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&D】横須賀アートめぐり

    1万円で日帰りドライブ

  • 写真

    【&TRAVEL】白銀の世界が広がる貴船神社

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&M】応援ツアーに活用も!

    五輪イヤーであらためて注目

  • 写真

    【&w】おすすめ文具7選

    手帳を自分色に

  • 写真

    好書好日「奥東京人に会いに行く」

    東京周縁の魅力伝えるルポ

  • 写真

    論座入試制度と大学序列化の悪弊

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン名匠の焼き菓子詰め合わせ

    ANAインターコンチネンタル

  • 写真

    T JAPANNYで200年続く伝説のバー

    地元民もビジネスマンも集う

  • 写真

    GLOBE+変わる孤独との付き合い方

    「孤独のグルメ」原作者に聞く

  • 写真

    sippo毛が抜けてボロボロの柴犬

    引き取って「犬への恩返し」

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ