メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

梅原猛さん死去

  • 梅原 猛

梅原猛

umehara takeshi 1925年 仙台市生まれ
1972年 法隆寺は聖徳太子一族の鎮魂の寺とする「隠された十字架」刊行
73年 柿本人麻呂は流刑死したとする「水底の歌」刊行
87年 国際日本文化研究センターの初代所長に就任
99年 文化勲章受章

写真・図版

哲学者の梅原猛さん死去 日本古代史に大胆な仮説を展開(2019/1/14)

独自の理論で日本古代史に大胆な仮説を展開した哲学者で、国際日本文化研究センター(日文研、京都市西京区)の初代所長を務めた文化勲章受章者の梅原猛(うめはら・たけし)さんが12日、死去した。93歳だった……[続きを読む]

■語る「人生の贈りもの」

写真・図版

【アーカイブ】(人生の贈りもの)哲学者・梅原猛(2019/1/1)有料会員限定記事

■孤児の哀しみ原点、孤独にひかれた――3月に米寿を迎えられま…[続きを読む]

■日本文化を見つめて

■対談、縦横に

写真・図版

【アーカイブ】21世紀に生かす日本文化は 梅原猛さんに、福岡伸一さんが聞く(2019/1/14)有料会員限定記事

【2008年10月6日朝刊掲載】 日本人の心の起源はいつだろうか。生物学の考えを哲学や古代史とからめながら、日本人の世界観とその未来を考える。     ◇ 福岡 私が京都大に入学したとき、京都市立芸大……[続きを読む]

最新ニュース

平成の「負のレガシー」をどう乗り越えるか  (2019/5/16)

 令和新時代がスタートした。平成天皇の退位から令和天皇の即位に至る代替わりの行事をメディアが伝え、平成天皇が果たしてきた象徴としての天皇の役割を振り返るチャンスになった。天皇の在り方は歴史的に固定的さ…[続きを読む]

梅原猛をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ