メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

梅雨前線

関連キーワード

  • 7・13水害(2014年07月10日 朝刊)

    2004年7月12日夜から13日にかけ、県内は停滞した梅雨前線が活発化し大雨に見舞われた。刈谷田川上流域の栃尾市(現長岡市栃尾地域)、五十嵐川上流域の下田村(現三条市)で24時間の降雨量が400ミリを超え、両河川を含む6河川11カ所で破堤。洪水や土砂崩れが相次ぎ、当時の21市46町31村中16市32町17村で、死者15人、重軽傷者82人、家屋全壊71棟などの被害が出た。

  • 7月15日の豪雨災害(2010年12月24日 朝刊)

    梅雨前線の影響で、7月15日夕から集中豪雨が起きた。県内では4人が死亡し、2人が行方不明、1人が重傷を負った。家屋への被害は全壊と半壊など計15棟。床上浸水は75棟にのぼった。当時、近隣の多治見市での最大雨量は1時間80ミリを超え、御嵩町では午後5時からの6時間で計238ミリを記録した。この集中豪雨について、県は報告書で、「130年に一度の雨」と結論づけた。

  • 厚狭川の浸水被害(2011年01月23日 朝刊)

    昨年7月10〜15日にかけての梅雨前線に伴う西日本地区での大雨で、県内では、美祢市での総雨量が7月の平年月降水量の1.5倍を超える588ミリを記録。これにより、隣の山陽小野田市を流れる厚狭川(2級河川)などがはんらんし、8戸が半壊、800戸近くの住宅で浸水被害が起きた。

最新ニュース

写真・図版

2018年の科学ニュース、6テーマ回顧(2018/12/27)有料会員限定記事

 2018年は、本庶佑(ほんじょたすく)・京都大特別教授(76)のノーベル医学生理学賞受賞や、探査機「はやぶさ2」の小惑星「リュウグウ」到着など、日本の存在感を示す科学ニュースが目立った。一方、科学の…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ