メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

森内俊之

  • 森内俊之(もりうち・としゆき)  1970年10月10日生まれ。横浜市出身。勝浦修九段門下。
     87年、プロ四段。小学生の頃からのライバル・羽生善治名人とは奨励会入会の同期。早くから頭角を現し、18歳の時に全日本プロトーナメントで初優勝。20代でも数々の棋戦優勝を果たしたが、タイトルにはなかなか手が届かなかった。96年にA級初参加で第54期名人戦の挑戦者になったが、当時七冠王の羽生名人に敗れた。
     2002年、第60期名人戦で丸山忠久名人を破って初の名人獲得。翌年、羽生に奪われたが、04年の第62期名人戦ですぐに奪還して三冠王になった。第65期まで名人4連覇を達成し、羽生より一足早く、十八世名人の永世称号資格を得た。森内―羽生の名人戦は、大山康晴―升田幸三戦と並ぶ最多タイの計9回を数え、「平成の名勝負」と呼ばれる。
     相手の攻めを跳ね返す受けは無類の強さを誇り、持ち時間の長い対局、特に2日制のタイトル戦を得意とする。名人・A級在籍は連続20期。これまでのタイトル獲得数は計12期(名人8期、竜王2期、棋王1期、王将1期)。

  • 公式プロフィール別ウインドウで開きます

関連キーワード

  • 順位戦と永世名人(2009年03月07日 朝刊)

    順位戦はA級、B級1組、B級2組、C級1組、C級2組の5クラスに分かれ、1年かけてリーグ戦で昇降級を競い、A級の優勝者が名人に挑戦する。約70年前に名人戦が始まってから、名人になったのは12人。通算5期獲得すると「永世名人」を名乗る資格を得る。これまで故木村義雄十四世名人は2度目に名人位を失った時に引退し、故大山康晴十五世名人はA級在位のまま死去した。00年に中原誠十六世名人(61)が初めて陥落して話題になったが、B級1組で2年指した後、順位戦に参加しないフリークラスに転出した。A級には現在、谷川九段のほかに、十八世名人の森内俊之九段(38)、十九世名人の羽生名人(38)がいる。

最新ニュース

対局、ネット中継 朝日杯将棋、予選開幕(2019/7/1)有料記事

 第13回朝日杯将棋オープン戦(朝日新聞社主催)の1次予選が開幕した。2次予選進出をかけた戦いが、秋まで繰り広げられる。 1次予選は6月29日、プロ10人とアマ10人が対戦する「プロアマ一斉対局」で幕…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】シンプルこそ、エレガント

    ロイヤルコペンハーゲン

  • 写真

    【&TRAVEL】“スイーツみたいな”かき氷

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&M】「何度もやめたくなった」

    山本舞香を支えてくれたもの

  • 写真

    【&w】みんなでブルースハープ!

    ハンバートハンバートの教室

  • 写真

    好書好日くだらなくて崇高な短編集

    平山夢明の新刊「あむんぜん」

  • 写真

    論座代表チームは国籍を超えて

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン老舗ショップがリニューアル

    ポール・スチュアート

  • 写真

    T JAPAN連載・歌舞伎への扉 第5回

    坂東新悟さんインタビュー

  • 写真

    GLOBE+古民家、ピンクに塗ってみた

    新潟で奮闘するドイツ人

  • 写真

    sippo愛犬734匹がパトロール

    子ども狙った事件防止に

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ