メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

森喜朗

関連キーワード

  • イルクーツク声明(2013年04月30日 朝刊)

    2001年、森喜朗首相とプーチン大統領の間で、(1)日ソ共同宣言(1956年)は、今後の平和条約交渉の出発点を設定した法的文書と確認し、(2)その上で、東京宣言に基づいて四島の帰属の問題を解決して平和条約を締結することで合意した。

  • 東京五輪・パラリンピックの会場計画(2016年01月26日 朝刊)

    五輪は今年夏のリオデジャネイロ大会後に決まるサッカーと追加競技を除く27競技29施設で、国際オリンピック委員会(IOC)の承認を得た。パラリンピックは19競技15施設が承認されており、自転車など3競技は4月の承認をめざす。大会経費をめぐっては、組織委の森喜朗会長が2兆円超との見通しを示したり、東京都の舛添要一知事が「3兆円が必要」と指摘したりしているが、全体像は組織委が精査中で、自治体などとの分担はこれからだ。

  • 解散のネーミング(2017年10月02日 朝刊)

    過去の解散では、衆院選の位置づけや争点を反映するような名称がつけられてきた。2014年の解散直後には安倍晋三首相が記者会見で「この解散は『アベノミクス解散』であります」と呼び名をつけ、自らの経済政策を衆院選の争点とする姿勢を示した。05年の「郵政解散」も小泉純一郎首相が自ら命名。参院で郵政民営化法案が否決されたのを機に解散に踏み切り、与党が大勝した。解散の状況を説明した名称も少なくない。中曽根康弘首相が野党にとって不意打ち的に解散し、自民党が圧勝した1986年の衆院選は「死んだふり解散」と呼ばれた。首相の発言をとった「バカヤロー解散」(吉田茂首相)や「神の国解散」(森喜朗首相)、「近いうち解散」(野田佳彦首相)といったネーミングもある。

最新ニュース

写真・図版

橋本五輪相に「山下会長がっかりだと思う」 森喜朗氏(2019/9/13)

■森喜朗・東京五輪・パラリンピック組織委員会会長(発言録) 橋本(聖子)さんが(五輪)大臣になったので、言葉はよくないけど、一番がっかりしているのは山下(泰裕)JOC(日本オリンピック委員会)会長だと…[続きを読む]

森喜朗をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ