メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

検察審査会

関連キーワード

  • 検察審査会(2018年12月19日 朝刊)

    有権者からくじで選ばれた11人の審査員で構成され、6人以上が不起訴が正しいと判断すれば「不起訴相当」、6人以上がさらに詳しく捜査すべきだとすれば「不起訴不当」、8人以上が起訴すべきだとすれば「起訴相当」の議決となる。起訴相当の場合、再捜査した地検が再び不起訴にしても2回目の審査を行い、改めて8人以上が起訴すべきだと議決すれば強制的に起訴される。

  • 検察審査会(2010年04月26日 夕刊)

    くじで選ばれた11人の市民の目で、検察官の不起訴処分が妥当だったかを審査する仕組み。11人中6人以上が「不起訴で正しい」と判断すれば「不起訴相当」の議決をする。6人以上が「この程度の捜査では納得できない」と判断すれば「不起訴不当」となる。さらに、11人のうち8人以上が「起訴するべきだ」と判断した場合は「起訴相当」という議決を出す。審査会が「起訴相当」の議決を出した場合には、検察官はその事件を再捜査し、3カ月以内に起訴するか判断する。起訴しなかった場合は、再び審査会がメンバーを変えて審査。改めて11人中8人以上が起訴を求める「起訴議決」をした場合は、その容疑者は必ず起訴される。

  • 検察審査会(2018年12月19日 朝刊)

    有権者からくじで選ばれた11人の審査員で構成され、6人以上が不起訴が正しいと判断すれば「不起訴相当」、6人以上がさらに詳しく捜査すべきだとすれば「不起訴不当」、8人以上が起訴すべきだとすれば「起訴相当」の議決となる。起訴相当の場合、再捜査した地検が再び不起訴にしても2回目の審査を行い、改めて8人以上が起訴すべきだと議決すれば強制的に起訴される。

最新ニュース

写真・図版

笹子トンネル事故の慰霊碑が完成 碑文に「崩落事故」(2019/4/13)

 2012年12月、中央自動車道の笹子トンネル内で起きた天井板崩落事故の犠牲者9人を悼む慰霊碑が、山梨県大月市の事故現場近くに完成し、遺族らが13日、除幕した。 場所はいずれも下り線で、事故現場から2…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】新元号を記念した特別限定品

    美しい青の濃淡〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】SCANDAL HARUNAの旅

    ニューヨークへの1人旅

  • 写真

    【&M】「パークラン」なぜ人気?

    5km走るだけのイベント

  • 写真

    【&w】美食を発信する気鋭のシェフ

    地元ならではの恵み〈PR〉

  • 写真

    好書好日還暦迎えた、みうらじゅん

    「マイ遺品セレクション」刊行

  • 写真

    論座本庶さん特許の対価で怒る

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン週末の家飲みおすすめワイン

    ドイツワインおすすめの一本

  • 写真

    T JAPAN前衛作家、白髪一雄の個展ほか

    いま観るべき展覧会3選

  • 写真

    GLOBE+千人にたった2台

    有数の「車を持ちづらい国」

  • 写真

    sippo人懐っこい秋田犬の恩返し

    お年寄りの保護に一役

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ