メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

検察審査会

関連キーワード

  • 検察審査会(2018年12月19日 朝刊)

    有権者からくじで選ばれた11人の審査員で構成され、6人以上が不起訴が正しいと判断すれば「不起訴相当」、6人以上がさらに詳しく捜査すべきだとすれば「不起訴不当」、8人以上が起訴すべきだとすれば「起訴相当」の議決となる。起訴相当の場合、再捜査した地検が再び不起訴にしても2回目の審査を行い、改めて8人以上が起訴すべきだと議決すれば強制的に起訴される。

  • 検察審査会(2010年04月26日 夕刊)

    くじで選ばれた11人の市民の目で、検察官の不起訴処分が妥当だったかを審査する仕組み。11人中6人以上が「不起訴で正しい」と判断すれば「不起訴相当」の議決をする。6人以上が「この程度の捜査では納得できない」と判断すれば「不起訴不当」となる。さらに、11人のうち8人以上が「起訴するべきだ」と判断した場合は「起訴相当」という議決を出す。審査会が「起訴相当」の議決を出した場合には、検察官はその事件を再捜査し、3カ月以内に起訴するか判断する。起訴しなかった場合は、再び審査会がメンバーを変えて審査。改めて11人中8人以上が起訴を求める「起訴議決」をした場合は、その容疑者は必ず起訴される。

  • 検察審査会(2018年12月19日 朝刊)

    有権者からくじで選ばれた11人の審査員で構成され、6人以上が不起訴が正しいと判断すれば「不起訴相当」、6人以上がさらに詳しく捜査すべきだとすれば「不起訴不当」、8人以上が起訴すべきだとすれば「起訴相当」の議決となる。起訴相当の場合、再捜査した地検が再び不起訴にしても2回目の審査を行い、改めて8人以上が起訴すべきだと議決すれば強制的に起訴される。

最新ニュース

東名あおり事故でデマ、投稿9人は「起訴相当」 検察審(2019/10/13)

 神奈川県の東名高速で2017年6月に起きたあおり運転事故をめぐり、実刑判決を受けた男=東京高裁に控訴中=が無関係の福岡県内の建設会社に勤めていたなどとするデマをネット上に投稿したとして、名誉毀損(き…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ