メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

検察審査会

関連キーワード

  • 検察審査会(2020年08月30日 朝刊)

    市民からくじで選ばれた審査員11人が検察官の不起訴処分の妥当性を審査する制度。審査員は「不起訴相当」「不起訴不当」「起訴相当」のいずれかを判断する。不起訴不当や起訴相当と議決されると、検察官は再捜査し、起訴するかどうかを改めて判断する。審査会が2度にわたって「起訴すべきだ」と判断した場合は必ず起訴される制度が2009年にスタートした。

  • 検察審査会(2010年04月26日 夕刊)

    くじで選ばれた11人の市民の目で、検察官の不起訴処分が妥当だったかを審査する仕組み。11人中6人以上が「不起訴で正しい」と判断すれば「不起訴相当」の議決をする。6人以上が「この程度の捜査では納得できない」と判断すれば「不起訴不当」となる。さらに、11人のうち8人以上が「起訴するべきだ」と判断した場合は「起訴相当」という議決を出す。審査会が「起訴相当」の議決を出した場合には、検察官はその事件を再捜査し、3カ月以内に起訴するか判断する。起訴しなかった場合は、再び審査会がメンバーを変えて審査。改めて11人中8人以上が起訴を求める「起訴議決」をした場合は、その容疑者は必ず起訴される。

  • 検察審査会(2018年12月19日 朝刊)

    有権者からくじで選ばれた11人の審査員で構成され、6人以上が不起訴が正しいと判断すれば「不起訴相当」、6人以上がさらに詳しく捜査すべきだとすれば「不起訴不当」、8人以上が起訴すべきだとすれば「起訴相当」の議決となる。起訴相当の場合、再捜査した地検が再び不起訴にしても2回目の審査を行い、改めて8人以上が起訴すべきだと議決すれば強制的に起訴される。

最新ニュース

写真・図版

「日産の報酬隠し、元COOらも提案」 検察側が主張へ(2020/9/8)会員記事

 日産自動車の元会長カルロス・ゴーン被告(66)が巨額の役員報酬を開示しなかったとされる事件で、検察側が、志賀俊之・元COO(最高執行責任者)や小枝至・元相談役らも報酬隠しとされる仕組みを提案していた…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】次世代を担う子どもたちへ

    「デザイン的思考」の大切さ

  • 写真

    【&w】5キロ増で演じた“恐妻”

    水川あさみさん

  • 写真

    【&TRAVEL】母思い撮った夕暮れの台湾

    永瀬正敏フォト・ワークス

  • 写真

    【&M】モータースポーツでも人気

    トヨタ・カローラFX

  • 写真

    【&w】ティーバッグセット100種

    3名様にプレゼント

  • 写真

    好書好日近藤ようこさん×澁澤龍彦

    「高丘親王航海記」マンガに

  • 写真

    論座田中均から新政権へ

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン一流レストランの味を贈る

    フォアグラクリスピーサンド

  • 写真

    T JAPANジム・キャリーの話題の小説

    人生、スターダムそして芸術

  • 写真

    GLOBE+「金正恩氏と無条件で会う」

    日朝首脳会談に必要な条件とは

  • 写真

    sippoこねたり発酵も不要!

    犬のおやつにポテトブレッド

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ