メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

概算要求

関連キーワード

  • 概算要求(2009年09月29日 朝刊)

    各省庁が財務省に対して行う次年度予算の最初の要求。例年、政府が7月ごろに閣議で決める概算要求基準(シーリング)に従い、8月末をめどに提出する。シーリングとは、予算要求を絞り込ませるため、事業分野ごとに設定する限度額。これまでは、財務省が年末にかけての査定を通じて要求額を削り、12月下旬に政府予算案を決めていた。

  • 概算要求基準(シーリング)(2009年06月27日 朝刊)

    翌年度の予算案づくりにあたり、財務省が各分野ごとに設ける予算額の上限。各省庁は、これをもとに予算要求をまとめる。「天井」を意味する英語からシーリングと呼ばれる。通常は、政府・与党内の調整を経て7月末ごろに閣議了解されるが、総選挙を控えた今年は約1カ月早い7月1日となる予定だ。

  • 概算要求基準(2013年07月30日 朝刊)

    来年度の政府予算案を年末につくるため、各省庁は8月末までに公共事業や社会保障などで必要だと考える予算を「概算要求」として財務省に出す。概算要求基準は、要求額がふくらまないようにあらかじめ予算額に上限をもうけたり、要求のルールをつくったりする。予算額の上限を示すことが多く、「シーリング(天井)」とも言われる。

最新ニュース

教員不足6つの処方箋(2019/6/15)

 いま学校現場では、先生がみつからなくて授業が実施できなくなったり、教頭先生が学級担任をもたざるをえなくなったりする異常事態がうまれている。(『先生が足りない! 教育現場の悲鳴』参照) 不足が問題にな…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ