メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月15日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

横須賀市

関連キーワード

  • 横須賀市内の基地(2011年08月11日 朝刊)

    陸海空の自衛隊と米海軍の基地や教育施設が多くあり、総面積は市全体の約6・3%を占める。海上自衛隊は三重県〜岩手県の沿岸海域を管轄する横須賀地方隊や、海自のほとんどの艦艇と航空機を指揮する自衛艦隊の司令部などを置いている。米海軍第7艦隊は横須賀を拠点に西太平洋からインド洋までを担当している米海軍最大の艦隊で、艦艇60〜70隻が所属する。「ジョージ・ワシントン」はそのうちの1隻で、米国本土以外を母港とする唯一の原子力空母だ。

  • 陸上自衛隊少年工科学校(2008年10月09日 朝刊)

    17歳未満の中学卒業者が対象で、装備品の整備など専門技術を持った「技術曹」の育成を目的に55年に創立。入校と同時に3等陸士に任命され、4年間で陸士長まで昇任、高校卒業資格も得られる。戦闘訓練なども行う。横須賀市の武山駐屯地内にあり、全寮制。06年度の応募者数は3629人で271人を採用。出身者は約1万6千人で、うち約8千人が現役。卒業生には、グッドウィルグループ(現ラディアホールディングス)の折口雅博・前会長や軍事アナリストの小川和久氏らがいる。

  • 灯台記念日と灯火監視協力者(2008年11月01日 朝刊)

    1868(明治元)年11月1日に神奈川県横須賀市の観音埼で日本初の洋式灯台が着工されたことを記念し、1949(昭和24)年に定められた。各地の灯台が無料公開される。51年に始まった灯火監視協力者制度は、灯台の近くの住民や企業、漁協などに海上保安庁が委嘱している。県内の灯台147基のうち、機器で故障などを判断するのは約2割程度。残りは肉眼で確かめている。

最新ニュース

写真・図版

(くらし考)高齢化するマンション 防災編:上 「いざ」への備え、交流の手がかり(2022/8/11)

 「進行性の前立腺がんです。治る見込みはありません」 久保吉生さん(77)がそう告げられたのは、6年前のことだ。医師は、放射線治療も手術も不可能だと説明した。自分で資料を調べると、5年生存率は約23%…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】「施主最高齢」の両親へ

    花のない花屋

  • 写真

    【&M】女性がお茶を入れる会議

    なぜだめなのか

  • 写真

    【&Travel】緑豊か「最も住みやすい街」

    世界の街へ バージニア州

  • 写真

    【&M】僕の曲、鼻歌で歌ってほしい

    作詞家・いしわたり淳治さん

  • 写真

    【&w】まるで赤ちゃんのほっぺ

    このパンがすごい!

  • 写真

    好書好日中野好夫が憲法を「勉強」

    私費で日本人の憲法意識調査も

  • 写真

    論座非暴力抵抗こそが国民を守る

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンラルフ ローレン表参道に

    カフェトラック期間限定で登場

  • 写真

    Aging Gracefully岡村孝子さんインタビュー

    「今年も会えてよかった」

  • 写真

    GLOBE+「熱波は体をむしばむ」

    想像以上に大きい熱さの影響

  • 写真

    sippo財産を動物のために役立てる

    「遺贈寄付」という選択

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ