メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

武器輸出三原則

関連キーワード

  • 武器輸出三原則(2013年12月24日 朝刊)

    1967年に佐藤内閣が、武器輸出について、(1)共産圏(2)国連決議で禁止された国(3)国際紛争の当事国や恐れのある国——に認めない方針を表明。76年に三木内閣がこれ以外の国へも原則、武器輸出を禁じた。2011年に野田内閣が三原則を大幅に緩和し、平和・人道目的や、国際共同開発・生産への参加であれば、例外として武器の輸出を認めた。安倍政権は今月策定した国家安全保障戦略の中で、三原則に代わる新原則を定める方針を示した。

  • 救難飛行艇と武器輸出三原則(2013年12月29日 朝刊)

    武器輸出三原則では国際紛争の当事国やおそれのある国への武器輸出を禁じている。だが、日本政府はUS2について、敵味方識別装置などを外せば三原則に抵触せずに救難機として輸出できると解釈。防衛装備品としてつくられた航空機に企業が改造を施して輸出する初めての試みとなる。一方、他国との装備品の共同開発・生産によるコスト削減を図るため、安倍政権が三原則に代わる武器輸出管理原則を策定する方針を打ち出したことを懸念する声もあり、今後、US2の転用に慎重な意見も予想される。

  • 武器輸出三原則の緩和(2014年06月17日 朝刊)

    4月に安倍内閣が閣議決定した「防衛装備移転三原則」で、武器輸出はこれまでの原則禁止から、条件を満たせば認められるようになった。防衛産業の育成が狙いの一つだが、輸出の対象国や対象品目があいまいだとの指摘がある。

最新ニュース

写真・図版

後輩の死、外務省幹部に激怒 限界挑んだ岡本行夫さん(2020/5/9)有料会員限定記事

 岡本行夫さんは生涯、日本外交の限界に挑戦し続けた人だった。 外務省では「湘南ボーイ」と呼ばれた。エジプト勤務時代は紅海でダイビングを楽しみ、本省でも週末ごとに神奈川の実家に後輩たちを招いて、食事を振…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ