メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

武田信玄

関連キーワード

  • 長篠の戦い(2015年08月18日 夕刊)

    1575(天正3)年、織田信長・徳川家康連合軍3万8千と、武田信玄の後継者・勝頼の軍1万5千が設楽原(したらがはら)(愛知県新城市)付近で激突。名将・馬場信房ら武田側の多くの武将が討ち死にして、武田軍は大敗した。勝利した信長は天下統一に大きく近づいた。これまで「鉄砲三千丁・三段撃ち」が通説だったが、近年は疑問視される傾向が強くなっているという。敗走した勝頼はこの戦いの7年後、信長の甲州征伐で追い詰められて自害した。

  • 瀬田の唐橋(2009年11月28日 夕刊)

    「急がば回れ」語源琵琶湖の南端・瀬田川にかかり、東国から京に上る交通の要衝だった。壬申の乱(672年)では激戦地となり、室町時代に唐橋を詠んだ短歌「もののふの矢橋の舟は速けれど急がば回れ瀬田の長橋」から、「急がば回れ」の語源になった。武田信玄は「瀬田の唐橋に我が軍旗を立てよ」と遺言したと伝わる。松尾芭蕉は「五月雨に隠れぬものや瀬田の橋」と詠んだ。

  • 浜松城(2011年10月23日 朝刊)

    前身は、15世紀ごろ築かれた引馬(曳馬)城。1570年、岡崎から移った徳川家康が浜松城と改称し、武田信玄に対する前線基地として整備した。家康が関東に移った後、豊臣家臣の堀尾吉晴に代わり、高い石垣と天守のある城郭に生まれ変わったとされる。水野忠邦ら、歴代城主が幕府の要職についた。2010年度の来場者は12万7725人。02年に比べ、ほぼ倍増している。

最新ニュース

写真・図版

諏訪のお殿様が活躍 頼重の少年漫画が人気(2021/5/23)

 鎌倉から南北朝期に実在した長野県諏訪のお殿様が活躍する少年漫画が人気となっている。主なキャラクターとして登場するのは、滅亡した鎌倉幕府の後継者・北条時行を守り戦う諏訪頼重。「暗殺教室」で知られる人気…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Travel】戦国時代と江戸時代が共存

    城旅へようこそ・鳥取城

  • 写真

    【&w】人生にキャンプが必要な理由

    ほんやのほん

  • 写真

    【&Travel】世界最古のブドウの木

    スロベニア・マリボル

  • 写真

    【&M】トヨタ独自の美意識で作った

    スポーティーセダン・アリスト

  • 写真

    【&w】一瞬で心惹かれた出会い

    ほんやのほん

  • 写真

    好書好日光浦靖子さんが留学する理由

    語学学校に偽名で通ったけれど

  • 写真

    論座小林亜星さんについての反省

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン新しい時代のワークスタイル

    スローンのアンサンブル

  • 写真

    Aging Gracefully髪の根もとのお悩みを解消

    セルフメンテでステキなヘアに

  • 写真

    GLOBE+コンテナで死亡のベトナム人

    家族の反対押し切った理由

  • 写真

    sippoお太りさま猫「ぐっぴー」

    花粉症かと思いきや衝撃の結果

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ