メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

母体保護法

関連キーワード

  • 不同意堕胎罪(2010年05月18日 夕刊)

    刑法は、女性の依頼や承諾を得ずに堕胎させた者に6カ月以上7年以下の懲役を科すと規定しており、未遂罪もある。刑法にはこのほか、女性が自分で薬物などを使用して堕胎する堕胎罪、女性から依頼されて行う同意堕胎罪、医師など医療・医薬品関係者が女性の承認を得て堕胎する業務上堕胎罪などがある。一方で、母体保護法により一定の条件で人工中絶が認められており、「不同意」以外の堕胎罪が適用されることはほとんどない。

  • 強制不妊手術(2010年09月29日 朝刊)

    1948年に制定された優生保護法で「不良な子孫の出生を防止する」ため、遺伝病や「らい疾患」「遺伝性以外の精神病または精神薄弱」の人に不妊手術をすることを認めていた。審査会を通れば、本人の同意がなくても手術ができた。96年に同法が母体保護法に生まれ変わるまで、全国で少なくとも1万6千人以上が手術を強制されたとされる。

  • 出生前診断(2012年08月29日 夕刊)

    胎児の異常を調べる検査。35歳以上の高齢出産の増加に伴い、検査を受ける人は増えている。ダウン症などの染色体異常のほか、脳や心臓の異常などがわかる。異常が見つかった場合、十分なカウンセリングを受けないまま中絶が選ばれる可能性もあり、「命の選別につながる」という倫理的問題も抱える。母体保護法は胎児の異常を中絶の理由として認めていないため、母体の健康などとの拡大解釈で中絶されているのが実態だ。

最新ニュース

(地球24時)韓国、堕胎罪に違憲判断(2019/4/12)有料記事

 韓国の憲法裁判所は11日、刑法の堕胎罪について、妊婦の自己決定権を過度に侵害しており、違憲だとして、この条項が改正されない場合は2021年1月から効果を失うと宣告した。実際には人工中絶が行われても堕…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    【&TRAVEL】屋久島でイシガキダイを釣る

    太公望のわくわく

  • 写真

    【&M】ユーモアがテーマの作品展

    遊び心の本質を問い直す

  • 写真

    【&w】絲山秋子の新作を追う理由

    ほんやのほん

  • 写真

    好書好日外はカリカリ、中はふわっ

    かもめ食堂のシナモンロール

  • 写真

    論座津田梅子の苦闘と見果てぬ夢

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンサクセスレストラン⑪

    こだわりの和食でじっくり接待

  • 写真

    T JAPANNYで話題のデザイナーズ壁紙

    色と柄の摩訶不思議な世界へ

  • 写真

    GLOBE+遊牧民の知恵、この一皿に

    食と暮らし世界ぐるり旅

  • 写真

    sippo橋の上にいたフラフラの子猫

    わが家の長男梵天丸との出会い

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ