メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

民事再生手続き

関連キーワード

  • ホテルニューヴェール北上(2009年01月23日 朝刊)

    JR北上駅前の開発事業の一環として85年3月に開業した北上市を代表するホテル。資本金4億4925万円で、筆頭株主の市は22・26%にあたる1億円を出資している。本館(116室)は宿泊、もう一棟は宴会や催しを中心に営業。98年度に11億円を超していた売上高が07年度には7億400万円にまで落ち込み、08年8月、盛岡地裁に民事再生手続きを申し立てた。負債総額は約38億円。再生計画素案によると、債権のほぼ全額を放棄し、夏油高原スキー場を経営している加森観光(札幌市)に事業を譲渡して営業を継続。盛岡地裁への再生計画案の提出期限は、北上市の対応が遅れ、1月14日から3月31日に延期された。

  • 事業再生ADR(裁判外紛争解決手続き)(2009年09月19日 朝刊)

    過剰な債務を負った企業が再生を図る場合に、民事再生手続きなどの「法的整理」か、裁判所が関与しない債務免除などの「私的整理」の仕組みを使ってきたが、事業再生ADRは双方の利点を取り込んだ新制度。私的整理の一種だが、メーンバンクの代わりに、経済産業相の認定を受けた第三者が債権者・債務者の調整をする。認定第1号の「事業再生実務家協会」は08年11月に業務を始めた。

  • 和牛オーナー制度(2011年12月30日 朝刊)

    出資するオーナーに繁殖雌牛を購入してもらい、生まれた子牛を安愚楽牧場が買い取る。オーナー牛は同社関連の牧場で飼育し、満期になればオーナーが購入した際に払った契約金と同額で買い戻す。子牛代が実質的に配当になる。民事再生手続きの申請時、全国40カ所の直営牧場と約350カ所の預託牧場で、黒毛和牛約14万6千頭を飼育し、約7万3千人のオーナーがいた。

最新ニュース

写真・図版

マウントゴックス民事再生へ 仮想通貨高騰で破産を変更(2018/6/25)

 2014年に顧客資産の仮想通貨ビットコインが消失したとして破綻(はたん)し、破産手続き中だった交換業者「マウント・ゴックス」(東京)が22日、東京地裁から民事再生手続きの開始決定を受けた。同社に残さ…[続きを読む]

民事再生手続きをコトバンクで調べる

写真

  • ビットコインの消失で経営破綻(はたん)し、記者会見した仮想通貨交換所「マウント・ゴックス」のカルプレスCEO(当時)=2014年2月28日、東京都内
  • タカタの彦根製造所=2017年6月、滋賀県彦根市
  • 衆院予算委で、黒く塗りつぶされた資料を示す民進党(当時)の福島伸享氏=2017年5月8日
  • 衆院予算委で、黒く塗りつぶされた資料を示す民進党(当時)の福島伸享氏=2017年5月8日
  • 森友学園が小学校開設を予定していた土地。建物はほぼ完成している=11月22日、大阪府豊中市、筋野健太撮影
  • 小樽ベイシティ開発が運営する大型商業施設「ウイングベイ小樽」=小樽市築港
  • 森友学園が開校を目指した小学校の設置趣意書。国側は当初、校名や本文を黒塗りにして開示した(左)
  • 森友学園が小学校開設を予定していた土地には、柵に国有地と表示されていた=22日午後、大阪府豊中市、筋野健太撮影
  • 森友学園が小学校開設を予定していた土地には、柵に国有地と表示されていた=22日午後、大阪府豊中市、筋野健太撮影
!

アプリをバージョンアップしました

!

Amazon Pay導入記念プレゼントキャンペーン実施中

!

シンプルコースも「auかんたん決済」で

注目コンテンツ