メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月14日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

民事裁判

関連キーワード

  • 服部剛丈君銃撃事件(2012年11月06日 朝刊)

    1992年10月17日午後8時、米ルイジアナ州バトンルージュで、剛丈君はハロウィーンのパーティー会場を間違えた。近づく剛丈君に住人のロドニー・ピアーズ氏は銃を構えて「フリーズ」(止まれ)と警告、歩み寄る剛丈君を撃った。93年の刑事裁判は陪審がピアーズ氏に無罪評決を下したが、94年の民事裁判は正当防衛を認めず、ピアーズ氏側に計65万3千ドル(当時約6500万円)の支払いを命じた。

  • 司法修習生の兼職禁止(2010年11月27日 夕刊)

    最高裁規則で、修習生は、採用する最高裁の許可がなければ、公務員や他の職業に就いたり、アルバイトをしたりすることはできない。専門性の高い修習に専念する義務があることや、企業が当事者になる民事裁判にもかかわるため中立性を保つ必要があることが理由とされる。

  • 風の子学園事件(2011年07月27日 夕刊)

    広島県三原市の民間施設「風の子学園」で1991年7月29日、園生だった兵庫県姫路市の中学生の少年(当時14)と三原市の少女(同16)が「喫煙の罰」と称してコンテナに監禁され、熱射病で死亡した事件。園長だった男は監禁致死罪などで実刑判決を受けた。少年の両親は、同園を勧めた姫路市などの責任も民事裁判で問い、認められた。当時、施設のあり方が議論され、社会問題となった。

最新ニュース

写真・図版

佐賀)鳥栖いじめ民事裁判 本人尋問で語られたことは(2018/11/11)

 佐賀県鳥栖市の市立中学校で2012年にあったいじめ事件は、佐賀地裁で民事裁判が続いている。今年8月以降、被害を受けた当時1年の男子生徒や、同級生の加害生徒8人らに対する本人尋問があった。被害生徒は「…[続きを読む]

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】圧迫感にサヨナラ!

    快適な開放型イヤホン

  • 写真

    【&TRAVEL】美食も自炊も「地獄蒸し」で

    楽しいひとり温泉

  • 写真

    【&M】街を埋めつくすグラフィティ

    NYの“異様”な光景

  • 写真

    【&w】きれいな色のニット

    ファッションニュース

  • 写真

    好書好日宝塚の美、元スターが伝授

    ヅカファンの男性が試してみた

  • 写真

    WEBRONZA海を漂う魚の幼生の謎を追う

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン山本編集長が語る選ぶべき靴

    ビジネスで最適な一足とは?<PR>

  • 写真

    T JAPANクリュッグの新しい愉しみ

    6代目当主オリヴィエに聞く

  • 写真

    GLOBE+検査は万能ではありません

    連載「英国のお医者さん」

  • 写真

    sippo野生化した猫も元飼い猫

    都内で「森ネコ」の飼い主探し

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ