メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月15日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

民事裁判

関連キーワード

  • 服部剛丈君銃撃事件(2012年11月06日 朝刊)

    1992年10月17日午後8時、米ルイジアナ州バトンルージュで、剛丈君はハロウィーンのパーティー会場を間違えた。近づく剛丈君に住人のロドニー・ピアーズ氏は銃を構えて「フリーズ」(止まれ)と警告、歩み寄る剛丈君を撃った。93年の刑事裁判は陪審がピアーズ氏に無罪評決を下したが、94年の民事裁判は正当防衛を認めず、ピアーズ氏側に計65万3千ドル(当時約6500万円)の支払いを命じた。

  • 司法修習生の兼職禁止(2010年11月27日 夕刊)

    最高裁規則で、修習生は、採用する最高裁の許可がなければ、公務員や他の職業に就いたり、アルバイトをしたりすることはできない。専門性の高い修習に専念する義務があることや、企業が当事者になる民事裁判にもかかわるため中立性を保つ必要があることが理由とされる。

  • 風の子学園事件(2011年07月27日 夕刊)

    広島県三原市の民間施設「風の子学園」で1991年7月29日、園生だった兵庫県姫路市の中学生の少年(当時14)と三原市の少女(同16)が「喫煙の罰」と称してコンテナに監禁され、熱射病で死亡した事件。園長だった男は監禁致死罪などで実刑判決を受けた。少年の両親は、同園を勧めた姫路市などの責任も民事裁判で問い、認められた。当時、施設のあり方が議論され、社会問題となった。

最新ニュース

写真・図版

(いちからわかる!)裁判で「刑事免責」、初めて使われたとか(2018/7/31)

 ■不利にならないことを条件に証言強制。新たな立証手段 ホー先生 「刑事免責(けいじめんせき)」という制度が裁判で初めて使われたと聞いたぞ。 A 東京地裁で6月にあった覚醒剤(かくせいざい)密輸事件の…[続きを読む]

民事裁判をコトバンクで調べる

写真

  • 刑事免責制度の仕組み/刑事免責制度の主な内容
  • 米軍人らによる事件事故の補償の仕組み
  • 宇良宗之さん
  • 「女性を性的対象物と見ているのが問題の本質」と語る晴野まゆみさん=福岡市中央区
  • 憲法記念日を前に会見する最高裁の大谷直人長官
  • 自らが開発に携わったドライブレコーダーの試作品を手にする片瀬邦博さん
  • 自らが開発に携わったドライブレコーダーの試作品を手にする片瀬邦博さん
  • 菊地裕太郎さん  
  • 傷害致死事件で息子を亡くした古賀敏明さんは会見で「10年という時効を撤廃してほしい、と内閣府に手紙も書いた」と明かした=23日午後2時16分、兵庫県明石市、高松浩志撮影
  • 森友学園側の主張と安倍晋三首相の発言
  • 森友学園側の主張と安倍晋三首相の発言
  • 日米地位協定に基づく米国政府の補償責任についての米側の主張
  • 自宅を生前贈与した時の遺産分割イメージ
!

アプリをバージョンアップしました

!

Amazon Pay導入記念プレゼントキャンペーン実施中

!

シンプルコースも「auかんたん決済」で

注目コンテンツ