メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

民族主義

関連キーワード

  • 沿ドニエストル(2008年10月10日 朝刊)

    正式名は「沿ドニエストル・モルドバ共和国」。旧ソ連西端のモルドバのドニエストル川東岸に位置する。人口約54万。80年代末に旧ソ連構成国で民族主義が高まり、モルドバで人口の75%を占める多数派のモルドバ人が使うモルドバ語だけを公用語にする動きに、ロシア系やウクライナ系が多い住民が反発して90年9月に独立を宣言した。92年に内戦が激化し、同年7月にロシアの仲介で停戦が成立。ロシアの平和維持部隊が駐留してきた。

  • ロシアと民族(2010年12月26日 朝刊)

    ロシア検察によると、国内での過激な民族主義的行動は2004年は130件だったが、09年には548件に増加。民族人類学研究所が08年末に実施したスラブ系住民の意識調査によると、中央ロシアやシベリア、極東出身者に対しては、住む期間の長さにかかわらず回答者の7〜8割が「私たちと同じ」と考える一方、カフカス出身者については3分の2が「他人」と考えていた。ロシアには現在182の民族が住み、移民は約700万人とされる。全土でスラブ系ロシア人は7割以上とされるが、07年の調査では、流入が多いモスクワでは31%にすぎず、旧ソ連諸国や北カフカス出身者が多くを占める。

  • 手紙で触れられた文学者ら(2010年12月31日 朝刊)

    保田與重郎らによる日本浪曼派は、西洋的リアリズムからの脱却を目指した文学運動。戦時下の民族主義的文学の中心といわれ、三島もその影響を受けた。蓮田善明は敗戦のとき軍にいて自決した。また清水文雄は三島の恩師で、「三島由紀夫」のペンネームを与えたとされる。

最新ニュース

「冷戦」書評 日本も含む世界的ドラマの総体(2020/9/19)

冷戦 ワールド・ヒストリー(上・下) [著]O.A.ウェスタッド 冷戦とは、遠い過去の話だろうか。なるほど、1991年12月、大統領であったゴルバチョフの辞任により、ソビエト連邦は崩壊し、国家システム…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】次世代を担う子どもたちへ

    「デザイン的思考」の大切さ

  • 写真

    【&w】5キロ増で演じた“恐妻”

    水川あさみさん

  • 写真

    【&TRAVEL】宇賀なつみ、神津島の旅

    連載「わたしには旅をさせよ」

  • 写真

    【&M】パワーよりも軽さと操縦性

    ロータス・ユーロッパ

  • 写真

    【&w】夫の「気遣い」にモヤモヤ

    自分を守るために〈PR〉

  • 写真

    好書好日小説を原作に音楽を作り出す

    YOASOBIと作家が鼎談

  • 写真

    論座「半沢直樹」と似たドラマ

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン黒のスーツをどう着こなす? 

    ビジネスシーンでもOK?

  • 写真

    T JAPAN新型Eクラス、その革新性

    日本初のARナビを搭載

  • 写真

    GLOBE+賢く我慢を学んだ子は伸びる

    「マシュマロ・テスト」とは

  • 写真

    sippo元ホームレスと猫との出会い

    実話に基づいた映画をもう一度

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ