メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

民泊

最新ニュース

写真・図版

渋滞は?宿は?ラグビーW杯20日開幕、五輪の試金石に(2019/9/19)有料記事

 アジア初のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会が20日、東京スタジアム(東京都調布市)で開幕する。競技の普及を狙って実現した12会場での開催には、多くの公費が注がれる。チケットの売れ行きは好調だが…[続きを読む]

関連キーワード

  • 民泊(2018年06月13日 朝刊)

    一般住宅やマンションに旅行者を有料で泊めること。15日に施行される住宅宿泊事業吠民泊新頬により全国で解禁され、都道府県などに届け出て認められると、運営できるようになる。事業者の自宅や入居者募集中のアパート、普段使っている別荘などが対象で、民泊用のアパート建設などは認められない。いずれも台所、トイレ、浴室などを備える必要がある。

  • 民泊(2008年08月15日 朝刊)

    宿泊施設の不足を解消するため、ホテルや旅館の代わりに、一般家庭や公民館などで代表選手らを受け入れる。宿泊費は1人当たり1泊2食で8085円。選手の食事も、民泊を受け入れる地域の人たちが手作りで用意する。県が栄養バランスを考えたレシピ集を作ったほか、宇佐市や中津市でも独自のレシピ集を作っている。

  • 民泊事業(2014年09月17日 朝刊)

    旅行者などが一般の家庭に宿泊し、食事をともにする「民泊」を地域おこしにつなげようと智頭町は、2010年に町民泊協議会を発足させた。11年7月、やはり町が進める森林セラピーの本格開始にあわせ本格的に受け入れを始めた。原則、1泊2日(2食)で、6800円(小学生以下4千円)。現在は40軒で受け入れている。12年度の利用者は92組421人で、13年度は137組444人。当初、視察や団体利用が多かったが、個人や友人同士、家族での宿泊が増えており、人数は微増だが、件数が5割近く増えた。全国的には団体研修や修学旅行を受け入れる民泊が主流だが、智頭町では個人で気軽に利用できる点が評判を呼んでいるという。民泊の問い合わせは町山村再生課(0858・75・3117)へ。

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ