メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

民生委員

関連キーワード

  • 民生委員(2017年05月15日 朝刊)

    地域福祉の担い手で、子どもや妊産婦を支える児童委員も兼ねる。特別職の地方公務員で守秘義務がある。給与はない。都道府県知事の推薦をもとに、厚生労働相が委嘱する。任期は3年で再任可能だが、原則として75歳未満の人を選ぶ。15年度末現在の委嘱数は23万1689人で、女性が6割を占める。源流は1917年に岡山県で創設された済世(さいせい)顧問制度。貧困に陥ることを防ぐ目的で、ドイツの制度を参考にした。翌年には済世顧問制度も参考に大阪府で方面委員制度が誕生。10年ほどで全国に普及し、46年には名称を民生委員に改めた。全民児連によると、平均年齢は66歳(12年度時点)で、50歳未満は約2%。2期目までの比較的経験の浅い人が6割強を占め、20年前の5割程度から増えた。定数に対して2%程度の欠員がある。

  • 民生委員による強盗殺人事件(2009年09月07日 夕刊)

    起訴状によると、江角被告は05年3月22日夜、高島さんに睡眠薬を飲ませ、ひものようなもので首を絞めて殺害、キャッシュカードを奪い、翌23日に5万3千円を引き出したとされる。元同僚のクレジットカードで買い物をしたり、知り合いの財布を盗んだりしたとして、詐欺や窃盗などの罪にも問われている。被告は、元同僚のクレジットカードで買い物をしたとされる詐欺と詐欺未遂の罪については関与を認めたが、それ以外の起訴内容は否認している。

  • 民生委員・児童委員(2013年12月11日 朝刊)

    大正時代に岡山県や大阪府で始まった取り組みが起源で1948年に民生委員法が制定された。民生委員の職務は▽住民の生活状況の把握▽生活相談への助言や支援▽福祉サービスの情報提供と援助▽社会福祉事業者との連携や活動支援▽福祉事務所などとの協力——などと規定されている。子どもや妊産婦を支える児童委員も兼ねる。国の配置基準をもとに都道府県が定数を決め、地域の実情に詳しい人を選んで厚生労働相が委嘱する。原則として75歳未満の人を選ぶ。任期は3年。特別職地方公務員と位置づけられ、給与はない。年5万8200円の活動費が支給される。厚生労働省によると、女性が6割、年齢別では60代以上が8割を占める。

最新ニュース

写真・図版

一緒につくる、豊かに生きる 認知症フレンドリープロジェクト(2019/2/18)有料記事

 朝日新聞社は創刊140周年記念事業の一環として、認知症になっても安心して暮らせる社会づくりに貢献する「認知症フレンドリープロジェクト」に取り組んでいます。豊かな暮らしに役立つ総合メディア企業としての…[続きを読む]

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】吸引機能がついた賢いゴミ箱

    センサーでゴミを検知して吸引

  • 写真

    【&TRAVEL】平安貴族が夢見た春の景色

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&M】村本大輔の空気読まぬ生き方

    「今の芸人は空気そのもの」

  • 写真

    【&w】古民家カフェで美味ケーキ

    鎌倉から、ものがたり。

  • 写真

    好書好日池上彰さん、広島の高校へ

    「君たちはどう生きるか」語る

  • 写真

    WEBRONZAエスタブリッシュメント

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンビジネスマンの冬の装い

    冬こそできる着こなしの工夫

  • 写真

    T JAPANせきねきょうこが選ぶホテル

    新・東京ホテル物語 第36回

  • 写真

    GLOBE+リスボンで缶詰メシを食べる

    記者メシ連載「一食一会」

  • 写真

    sippo夫にすり寄るのは猫だけ?

    猫2匹と家族4人の微妙な関係

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ