メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

気仙沼市

関連キーワード

  • DMAT(災害派遣医療チーム)とDPAT(災害派遣精神医療チーム)(2015年02月10日 朝刊)

    「DisasterMedical/PsychiatricAssistanceTeam」の略。DMATは「避けられた災害死があった」との教訓から、阪神大震災後にできた。医師1人、看護師2人、業務調整員1人の4人1チームが基本。災害発生から48時間以内にかけつけ、救急治療にあたる。奈良市内には県総合医療センター(旧県立奈良病泳と市立奈良病院にそれぞれ2チームがある。DPATは被災者の精神的なケアにあたる精神科医、看護師、精神保健福祉士など数人のチーム。昨年、厚生労働省が研修を本格化させ、御嶽山の噴火や広島の土砂災害に出動した。県内では、災害に応じて県立医大病院や県精神保健福祉センターを中心に組織する。過去には「こころのケアチーム」として東日本大震災時に宮城県気仙沼市、紀伊半島大水害時に十津川村で活動した。

  • 臨時災害FM(2016年03月19日 朝刊)

    災害発生時に自治体が臨時で開設し、地域情報などを伝えるFMラジオ局。NPOなどに運営を委託し、補助金や寄付などで運営している。1995年の阪神・淡路大震災をきっかけに制度化された。東日本大震災では東北3県で24局が開局したが、4局は民間のコミュニティーFMに移行、3局は閉局、元々コミュニティーFMだった8局は元に戻り、次第に数が減った。3月にさらに3局が閉局し、4月以降は岩手県の釜石市、陸前高田市、宮城県の気仙沼市、山元町、福島県の南相馬市、富岡町の6局が放送を続ける。インターネット経由で全国どこでも聞くことができる。

  • 大槌町旧役場庁舎と震災遺構(2018年08月20日 朝刊)

    東日本大震災で2階建ての建物は津波にのまれ、当時の町長ら職員28人が死亡。その後、「残すべきだ」「思い出すのがつらいから壊してほしい」と意見が割れた。解体を公約に2015年、現在の平野公三町長が当選。町は今年5月末に工事に着手した。一方、住民団体は今月17日、工事差し止めを求めて提訴した。震災遺構の例では、宮城県石巻市の大川小旧校舎の保存が決定。南三陸町の防災対策庁舎は県の管理で残し、2031年に保存の是非を判断する。一方、気仙沼市に打ち上げられた漁船「第18共徳丸」など、解体されたものもある。

最新ニュース

写真・図版

(てんでんこ)伝える:9 多言語放送(2019/1/18)有料記事

 ■焼け野原の神戸市長田区で、韓国・朝鮮語、ベトナム語のFMが生まれた。 神戸市長田区は24年前の1月17日、阪神大震災で焼け野原となった。 ここでコミュニティーFM「FMわぃわぃ」を運営していたNP…[続きを読む]

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】炊飯も無水調理もおまかせ

    半世紀以上愛される無水鍋

  • 写真

    【&TRAVEL】1万足を超える靴の博物館

    トロントでミュージアム巡り

  • 写真

    【&M】絶景広がる魅惑のダンボ地区

    昔の危険な匂いは消えた……

  • 写真

    【&w】クラフトとデザインの橋渡し

    川島蓉子のひとむすび

  • 写真

    好書好日サリンジャーの見事な人生

    映画「ライ麦畑の反逆児」公開

  • 写真

    WEBRONZAZOZO前澤ポエムにご注意

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン上海ユニークなリノベホテル

    古きよき時代と現代性を体験

  • 写真

    T JAPAN対談・水晶玉子×濱 美奈子

    激動の時代、どう生きる?

  • 写真

    GLOBE+王家の末裔、王位に意欲?

    イタリアで今も続く争い

  • 写真

    sippo交通事故で大けがの子猫

    懸命な治療、リハビリで快復

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ