メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

気候危機―Covering Climate Now

気候危機―Covering Climate Now

注目の記事

関連キーワード

  • 学校ストライキ(2019年09月21日 夕刊)

    スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさん(16)が昨年8月、地球温暖化に対する政府の無策に抗議するため、一人で学校を休んでストックホルムの国会議事堂前に座り込み、気候危機の影響を受けるのは若者だと主張した。グレタさんの行動はSNSで世界に拡散。共感した世界各地の高校生や大学生が「未来のための金曜日」と称して、毎週金曜に授業をボイコットする「学校ストライキ」を始めた。グレタさんは今年のノーベル平和賞の候補になるなど、気候危機への対応を訴える象徴になっている。

  • グローバル気候ストライキ(2019年10月23日 朝刊)

    9月20〜27日に世界185カ国で760万人以上が参加(国際環境NGOまとめ)。日本では、東京や大阪、名古屋、福岡などでデモがあった。グローバル気候ストライキのきっかけは、昨年スウェーデンの高校生グレタ・トゥンベリさんが始めた学校ストライキ。地球温暖化に対する政府の無策に抗議するため、1人で学校を休んで国会議事堂前に座り込み、気候危機の影響を受けるのは若者だと主張した。共感した世界各地の若者が「未来のための金曜日」と称し、毎週金曜日に学校ストライキを開始。グレタさんは今年9月に米国で開かれた国連気候行動サミットで演説した。

最新ニュース

写真・図版

捨てずに再生、循環する服 古着を分解し糸に/コーヒーかすでジャケット 業界で進む取り組み(2021/1/26)会員記事

 分子レベルに分解した古着が、新しい服によみがえる。コーヒー豆のかすがジャケットになり、古い羽毛布団からダウンジャケットができあがる。捨てられていたものを服として生まれ変わらせる取り組みが、ファッショ…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ