メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

水彩画

関連キーワード

  • 山本作兵衛の炭鉱画(2015年06月16日 朝刊)

    筑豊(福岡県)の炭坑労働者だった山本作兵衛は、坑内での苛酷(かこく)な労働の様子や人々の日々の暮らし、そこに花開いた独特の風俗や庶民文化を、記憶を頼りに墨絵や水彩画に写し、説明文をそえて残した。2011年、歴史的文書などを後世に残すためのユネスコの記憶遺産事業に、600点近くの作兵衛の絵が国内から初めて登録された。

  • 林倭衛(2010年01月22日 朝刊)

    長野県上田市生まれ。16歳で東京の印刷会社に勤め、日本水彩画会研究所夜間部に入る。大杉栄と知り合って傾倒。1916(大正5)年二科展に初入選。17年に同展で樗牛賞、18年に「H氏肖像」などの作品で二科賞を受賞し、新進画家として注目される。坂本繁二郎、小出楢重らと渡仏し、セザンヌのアトリエを借りて制作。その後、春陽会で活躍。新文展の審査員などを務めたが、45年の終戦直前に急死する。透明感のある風景画で知られている。

最新ニュース

写真・図版

いいね!学用絵の具で水彩画 水戸の男性作、海外注目 ぼかし・重ね塗り、自在(2021/6/8)会員記事

 市販のスケッチブックに、小学校の授業で使う絵の具で描かれた風景画が、SNSで海外のユーザーの注目を集めている。発信しているのは水戸市に住む「学童用絵の具画家」を自称する男性だ。子どもにもおなじみの道…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Travel】文化財銭湯の「聖地」舞鶴へ

    ニッポン銭湯風土記 京都

  • 写真

    【&w】家族のLINEへひと言だけ

    花のない花屋

  • 写真

    【&Travel】瀬戸内海を見渡す無人駅

    海の見える駅 徒歩0分の絶景

  • 写真

    【&M】スパイス感しっかりのカレー

    カマル2号(東京・亀戸)

  • 写真

    【&w】一瞬で心惹かれた出会い

    ほんやのほん

  • 写真

    好書好日新聞に載ったニセ・ニセ広告

    進撃の巨人、単行本完結を記念

  • 写真

    論座想像力で弱点を見抜け原発

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンビジネスパーソン意識調査

    クールビズでの半袖シャツ

  • 写真

    Aging Gracefully髪の根もとのお悩みを解消

    セルフメンテでステキなヘアに

  • 写真

    GLOBE+出演者は男女同数

    BBCが取り組み始めたわけ

  • 写真

    sippo愛するペットとの別れ

    どう受け入れたら 住職に聞く

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ