メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

水死体

関連キーワード

  • 秋田連続児童殺害事件(2009年03月25日 夕刊)

    06年4月、秋田県能代市の藤琴川で、同県藤里町の小学4年畠山彩香さんの水死体がみつかった。5月には同市の米代川岸で、小学1年の米山豪憲君の絞殺体が発見された。県警は6月、彩香さんの母親の鈴香被告を豪憲君の死体遺棄と殺害容疑で逮捕。7月には彩香さんを橋の欄干から川に突き落としたとする殺害容疑でも逮捕した。

  • 吉田勤さん水死事件(2013年05月18日 朝刊)

    2002年10月27日未明、友人の披露宴に出席するために青森市を訪れていた盛岡市の吉田勤さん(当時32)ら10人のグループが、繁華街で男性4人とけんかになった。吉田さんに暴力を注意され、腹を立てた男が、吉田さんを市内の浜町埠頭(ふとう)に連れ出した。吉田さんは岸壁のふちを歩かされ、振り向いた瞬間に胸を蹴られて海に転落。放置され、11月5日に水死体で発見された。男は傷害致死罪などに問われ、懲役6年の実刑判決を受けた。吉田さんの両親が損害賠償を求めた民事裁判では男に計約7800万円の支払いを命じた。男はすでに出所している。

  • 藤里連続児童殺害事件(2016年05月18日 朝刊)

    2006年4月、能代市の藤琴川で、藤里町の小学4年の女児(当時9)の水死体が見つかった。5月には女児の2軒隣に住んでいた小学1年の男児(当時7)の絞殺体が同市の米代川岸で発見された。女児の母親(43)が児童2人の殺害と男児の死体遺棄罪に問われ、09年5月に無期懲役が確定した。「悲劇の母」が一転して連続殺害容疑で逮捕されるなど異常な展開が全国の注目を集めた。

最新ニュース

写真・図版

トリカブト殺人、愛人の自白から動く 刑事に届いた手紙(2019/8/7)有料会員限定記事

 20年前の夏、埼玉県本庄市を舞台とした「疑惑」がメディアで報道された。本庄保険金殺人事件。金融業者の男=2008年に死刑が確定=が1995年と98~99年にホステスだった愛人らと共謀し多額の保険金を…[続きを読む]

水死体をコトバンクで調べる

  • 世界大百科事典 第2版の解説

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ