メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月01日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

水素ステーション

関連キーワード

  • 水素ステーション(2015年01月27日 朝刊)

    水素と酸素を反応させて生じる電気で走るFCVに水素を供給するガソリンスタンドのような施設。水素を圧縮する機械や水素をためる容器などを備える。FCVは走行中に二酸化炭素を出さず、「究極のエコカー」と呼ばれる。

  • 燃料電池車(2017年01月12日 朝刊)

    燃料の水素と空気中の酸素を反応させてできた電気で走る。ガソリン車のようにCO2を排出しない。化石燃料で水素を製造すればCO2は出るが、太陽光や風力発電などを使って水素を製造すればCO2は出ない。トヨタが2014年に「ミライ」、ホンダが16年に「クラリティフューエルセル」を発売した。価格は700万円超だが、埼玉県では県が100万円を補助し、国の補助と合わせると400万円超で購入できる。水素ステーションは1カ所整備するのに約4億円かかる。

最新ニュース

写真・図版

都市ガスで進むエコ化 植林活動でCO2排出を「相殺」(2020/4/12)有料会員記事

 身近なエネルギー源である都市ガス。石炭に比べると、同じエネルギーを得るために排出される二酸化炭素(CO2)がもともと4割少ない地球温暖化対策の「優等生」だが、植林活動を組み合わせ、排出を「実質ゼロ」…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ