メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

江戸末期

関連キーワード

  • 大和郡山市の金魚(2012年04月28日 夕刊)

    1724(享保9)年、郡山藩主となった柳沢吉里が甲府藩から国替えで移ってきた時、家臣が観賞用に持ち込んだのが始まりとされる。江戸末期から明治初期にかけ養殖が武士だった人らの副業となった。生産量は現在、全国の40%近くを占め、毎年夏には全国金魚すくい選手権大会も開かれている。

  • ダリア(2010年09月26日 朝刊)

    キク科の球根多年草でメキシコや中南米が原産地。江戸期にオランダから持ち込まれたとされ、「天竺牡丹(てんじくぼたん)」と呼ばれた。ダリヤの名が定着したのは江戸末期。川西町では1954年に愛好者が「花の会」を結成し、後に「ダリヤ会」と改称した。川西ダリヤ園は60年に開園。町の花は75年に「ダリヤ」と決まった。

  • 益子参考館(2010年11月05日 朝刊)

    1977年に開館。浜田庄司(1894〜1978)の自邸をそのまま活用し、自身の作品と国内外で収集した工芸品を展示している。生前の建物のうち、江戸後期の建築とされる母屋(町指定文化財)は89年に町中心部にある町営の「陶芸メッセ・益子」に移築された。現在は細工場のほか、江戸末期の建築で42年に移築された「上台」、43年建造で135平方メートルもある登り窯と塩釉窯、赤絵窯、大谷石製の石蔵2棟、長屋門などがある。次男の浜田晋作さんが館長兼理事長の財団法人が運営する。

最新ニュース

写真・図版

金丸座の耐震工事、職人の卵が見学 現存国内最古の芝居小屋(2021/9/15)

 現存する国内最古の芝居小屋「旧金毘羅大芝居(金丸座)」=香川県琴平町=で、大地震に備える耐震補強工事が進められている。伝統建築を受け継ぐ貴重な技術にふれてもらおうと、町教育委員会は14日、地元の職人…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】絵本作家の秘められた情熱

    ほんやのほん

  • 写真

    【&M】ロックの名曲100選

    新書をプレゼント

  • 写真

    【&TRAVEL】モダン建築「国際会館」探訪

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&M】みその基本を知ってる?

    専門家がマニアックに解説

  • 写真

    【&w】色覚異常がわかった次女

    花のない花屋

  • 写真

    好書好日上白石萌音の「いろいろ」

    エッセー、小説で内面を伝える

  • 写真

    論座中国取材の裏の裏

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン極上の着心地を味わえる一着

    ヘミングスワースのジャケット

  • 写真

    Aging Gracefully良質な睡眠を促すアイテム

    自分に合った方法で快眠に

  • 写真

    GLOBE+中国 子育てめぐる深刻な声

    大胆な教育改革の背景とは

  • 写真

    sippo犬にヨーグルトって大丈夫?

    獣医師に聞くアドバイス

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ