メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

沖縄県民投票

最新ニュース

「辺野古ノー」が民意

朝日出口調査の結果は

写真・図版

あなたの一票、託した思いは?沖縄県民投票、写真で (2019/2/24)

あなたが一票に託した思いを教えてください――。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設計画をめぐり、名護市辺野古の埋め立ての是非を問う沖縄県民投票。ふだん声高には口にしなくても、基地への思いを抱えて生きる、沖縄の人たちの声を聞き、生活の場…[続きを読む]

朝日世論調査の結果は

有権者、それぞれの選択

沖縄県民投票のチラシ7万枚を処分、3択変更で刷り直し (2019/2/2)有料会員限定記事

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画をめぐり、埋め立ての是非を問う県民投票(14日告示、24日投開票)。選択肢が「賛成」「反対」に「どちらでもない」を加え3択になったことで、広報用のチラシ7万枚ほどがむだになるなど…[続きを読む]

10万筆署名・若者のハンスト…全県実施へ

関連キーワード

  • 沖縄県民投票(2019年08月24日 朝刊)

    米軍普天間飛行場の移設計画をめぐり、名護市辺野古沿岸部の埋め立ての賛否を問い、2月24日に全県で実施された。若者らが署名を集めて直接請求し、県議会で条例が成立した。当初は5市長が不参加を表明したが、「賛成」「反対」に加えて「どちらでもない」という選択肢を加えるよう条例を改正したことで、参加に転じた。投票率52.48%。投票総数60万5385票のうち、「反対」が43万4273票(72.15%)、「賛成」は11万4933票(19.10%)、「どちらでもない」は5万2682票(8.75%)だった。

最新ニュース

写真・図版

生命満ちた辺野古の海 大阪で写真展(2019/9/20)

 米軍の新基地を建設するために日本政府が埋めたてている沖縄・辺野古の海の写真展と写真家トークが21日と22日、大阪市である。  ジュゴンやサンゴ、絶滅危惧種、固有種ととりどりの生命に満ち、「宝の海」と…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ