メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

沖縄返還

関連キーワード

  • 沖縄返還協定の密約(2010年03月05日 夕刊)

    日米両政府が、1972年5月の沖縄返還直前に米軍が負担するはずだった土地の原状回復費などを日本側が肩代わりすることを取り決めたとされる密約。当時、毎日新聞記者だった西山太吉氏が、この交渉に関する外務省機密電文を省職員に持ち出させたとして有罪判決を受けた。政府は国会などで密約の存在を否定していたが、2000年、この密約を裏付ける内容の米公文書が発見されたことが報じられた。

  • 沖縄返還をめぐる財政密約(2010年03月19日 夕刊)

    沖縄返還に伴い、米側が負担すべき土地の原状回復費400万ドルを日本側が肩代わりするなどとした日米間の取り決め。当時の吉野文六・外務省アメリカ局長とスナイダー駐日米公使が1971年6月に文書を交わしたとされる。毎日新聞記者だった西山太吉氏は72年4月、この件に関する外務省機密電文を省職員に持ち出させたとして国家公務員法違反で逮捕され、78年に最高裁で有罪が確定した。

  • 沖縄返還密約訴訟(2011年09月24日 朝刊)

    沖縄返還にあたり、日本が(1)米軍移転費などとして協定で決めた3億2千万ドルよりも多い財政負担をする(2)米軍用地の原状回復費400万ドルを肩代わりする(3)米政府の宣伝放送施設の移転費1600万ドルを肩代わりする——とした密約文書の開示を求め、澤地さんや元毎日新聞記者の西山太吉さんらが2009年3月に提訴した。政権交代後、外務省と財務省は聞き取りなどの調査で(1)〜(3)の密約文書は「見つからなかった」と結論づけた。一方、外務省の有識者委員会や菅直人財務相(当時)は「広義の密約があった」との見解を発表した。

最新ニュース

写真・図版

(フロントランナー)情報公開クリアリングハウス理事長・三木由希子さん 「知る権利」で政治をよりよく(2019/5/18)有料記事

 自衛隊の日報問題、森友・加計の両学園問題……。公文書管理と情報公開のあり方が問われるなか、昨年は300件近く、メディアの取材や相談を受けた。長年「知る権利」の保障に取り組んできた「情報公開」の専門家…[続きを読む]

沖縄返還をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ