メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月14日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

法定速度

関連キーワード

  • 佐久市の中3男子死亡事故(2015年12月26日 朝刊)

    3月23日午後10時7分ごろ、佐久市の佐久平駅近くの市道で、横断歩道を渡っていた浅間中学3年の和田樹生さん(当時15)は、会社員の男が運転する乗用車にはねられ、約44.6メートル先の歩道まではね飛ばされ死亡した。長野地裁佐久支部の判決によると、男は飲食店で酒を飲んだあと2次会場に向かうため、法定速度(時速60キロ)を上回る時速70キロないし80キロで走行していた。

  • 規制速度(2016年03月24日 夕刊)

    道路交通法で定められた「法定速度」と、都道府県の公安委員会が独自に定める「指定速度」を合わせた総称。法定速度は、一般道路の最高は時速60キロ、高速道路は最高100キロ(大型貨物は80キロ)と最低50キロ。首都高速のような自動車専用道路の最高速度は60キロ。都道府県公安委員会は、路線を指定し、法定速度を超えたり下回ったりする「指定速度」を決めることができる。

最新ニュース

写真・図版

その運転、あおられる危険度は? 経験ありの記者が受診(2019/10/1)有料記事

 あおり運転が注目を集め、厳罰化の動きが進んでいる。免許取得後の出張型の講習を行う「愛知ペーパードライバースクール」(愛知県岡崎市)は、あおり運転をされやすい運転かどうかを診断する講習サービスを9月か…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ