メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

注意義務

関連キーワード

  • 浜名湖ボート事故(2012年10月24日 夕刊)

    2010年6月18日夕、浜名湖で豊橋市立章南中学校の1年生18人と教師2人が乗った手こぎボートがモーターボートで引航中に転覆し、西野花菜さんが水死した。当時、大雨、強風、波浪などの注意報が出ていた。校外学習を実施したのは「静岡県立三ケ日青年の家」の運営を県から委託された「小学館集英社プロダクション」(東京)。訴訟で西野さんの両親は学校側の責任を問い、市側は「青年の家は自信を持って安全と述べていた。専門家を学校側が信じるのは当然。校長や教諭は十分な注意義務を果たしている」と反論していた。

  • 栄福丸転覆事故(2014年09月27日 朝刊)

    昨年9月27日午前1時20分すぎ、伊豆大島の西約11キロ海上で、丸仲海運(名古屋市港区)所有の貨物船・第18栄福丸(498トン)とシエラレオネ船籍の貨物船ジィア・フイ号(2962トン)が衝突し、栄福丸が転覆。三重、静岡両県からの乗組員6人が死亡した。ジィア・フイ号を操船していた中国人船員が業務上過失致死罪などに問われ、一審で「最も基本的な注意義務に違反した」として有罪となった。

  • ジュネーブ条約(2016年10月12日 朝刊)

    1949年にジュネーブの国際会議で採択され、日本も加盟。運転者は車両の操縦を行わなければならないとされ、安全のための注意義務などが定められている。現行制度下では、自動運転車でも、運転者の制御下にあることが必要条件となっている。

最新ニュース

写真・図版

関電株主、提訴求める 元常務に20億円の損害賠償要求(2020/9/18)

 関西電力が東日本大震災の後、電気料金を値上げした際に減額した役員報酬をひそかに補塡(ほてん)していた問題で、関電の株主は17日付で関電監査委員に対し、八嶋康博・元常務に約20億3900万円の損害賠償…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】次世代を担う子どもたちへ

    「デザイン的思考」の大切さ

  • 写真

    【&w】5キロ増で演じた“恐妻”

    水川あさみさん

  • 写真

    【&TRAVEL】宇賀なつみ、神津島の旅

    連載「わたしには旅をさせよ」

  • 写真

    【&M】パワーよりも軽さと操縦性

    ロータス・ユーロッパ

  • 写真

    【&w】夫の「気遣い」にモヤモヤ

    自分を守るために〈PR〉

  • 写真

    好書好日小説を原作に音楽を作り出す

    YOASOBIと作家が鼎談

  • 写真

    論座「半沢直樹」と似たドラマ

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン黒のスーツをどう着こなす? 

    ビジネスシーンでもOK?

  • 写真

    T JAPAN新型Eクラス、その革新性

    日本初のARナビを搭載

  • 写真

    GLOBE+賢く我慢を学んだ子は伸びる

    「マシュマロ・テスト」とは

  • 写真

    sippo元ホームレスと猫との出会い

    実話に基づいた映画をもう一度

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ