メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

消防庁

関連キーワード

  • 災害時要援護者(2014年09月04日 夕刊)

    災害時に避難することが困難で、支援を必要とする高齢者、障害者、外国人、乳幼児、妊婦ら。災害対策基本法の改正で今年4月から、市区町村には要援護者の名簿の作成が義務づけられた。必要に応じ、民生委員や自主防災組織などに名簿を提供できるようになった。総務省消防庁によると、昨年4月時点で73・4%の自治体が名簿を作成し、24・3%が作成中。

  • 自主防災組織(2017年07月03日 朝刊)

    自然災害から地域を守るための住民による任意組織。災害対策基本法に規定されている。自治会組織単位でつくられることが多い。行政の一部という位置づけの消防団とは異なり、構成員はボランティア。避難訓練や防災研修などの活動をする。消防庁によると2016年4月時点の全国の組織率は81.7%。県内の組織率は84.6%。

  • AED(2015年01月09日 夕刊)

    2004年7月の厚生労働省通知で、医療従事者以外でも使えるようになった。約40万台が一般向けに販売され、駅や学校などに設置されている。総務省消防庁によると、13年の1年間に2万5469人が心臓が原因で心肺停止状態になり一般人に発見されたが、AEDで電気ショックを与えられたのは3.6%の907人。一方、AEDが使われた人の1カ月後生存率は同年、初めて50%を超え、使われなかった人に比べて4.8倍高い数字だった。

最新ニュース

写真・図版

比企消防、女性職員募集に向け地元高校書道部の動画撮影(2020/10/20)

 比企広域消防本部(埼玉県東松山市)が、滑川総合高校(滑川町)書道部の書道パフォーマンスなどを、はしご車やドローンを使って大がかりに動画撮影した。11月から動画投稿サイトや本部のホームページで流す。全…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】回り道の量で変わってくる

    刈谷仁美さんインタビュー

  • 写真

    【&TRAVEL】もう、うっとりするおいしさ

    佐賀のお茶やお菓子を訪ねて

  • 写真

    【&TRAVEL】暮らしに溶け込む現代工芸

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&M】ビールとの相性抜群!

    食通シェフが唸ったハムカツ

  • 写真

    【&w】高田賢三の生き方とは

    「ケンゾー」デザイナー

  • 写真

    好書好日クトゥルー神話の豊潤な世界

    若い世代に広まったわけ

  • 写真

    論座大学非常勤講師とコロナ

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン俳優・町田啓太が嗜む

    セットアップのオンとオフ

  • 写真

    T JAPAN森に溶け込むシンプルな家

    北欧の建築家夫妻の別荘

  • 写真

    GLOBE+民主主義はだめな制度?

    政治学者・吉田徹に聞く

  • 写真

    sippo犬のキスシーンに胸キュン

    話題の映画『わんわん物語』

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ