メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

液晶テレビ

関連キーワード

  • タングステン(2008年07月19日 夕刊)

    レアメタル(希少金属)の一種。スウェーデン語で「重い石」の意味。比重は金とほぼ同じ。融点は約3400度で金属の中で最も高く、熱に強いため電球のフィラメントに用いられる。炭化タングステンとコバルトを混ぜ合わせた「超硬合金」は摩耗に強く、自動車部品などの製造過程で金属を削る工具に欠かせない。液晶テレビのバックライトに使う冷陰極蛍光管の部品にも使われる。硬さや重さから砲弾や戦車にも用いられる。石油天然ガス・金属鉱物資源機構によると、国内では1950年代に21鉱山でタングステンを採掘していたが、円高や、今では全世界の生産量の9割を占める中国産の流入で執に閉山や休山に追い込まれた。

  • ソニーの業績(2009年03月04日 朝刊)

    ソニーは電機事業が経営不振に陥った05年に出井伸之会長兼CEO(当時)と安藤国威社長(同)が退任し、ストリンガー会長、中鉢社長がそれぞれ後任に就任。世界で約1万人の人員削減や工場の集約などを進めた。デジタルカメラやパソコンが海外を中心に好調で、08年3月期には売上高と純利益が過去最高を更新、「復活」を印象づけた。ただ、グループ売上高の約1割を占める液晶テレビは赤字続き。固定費の高さなどコスト競争力に課題を残したままだったことがたたり、昨年来の販売不振や円高で一気に業績が悪化。09年3月期には過去最大の2600億円の営業赤字を見込む。

  • 二酸化炭素(CO2)排出原単位(2009年08月18日 朝刊)

    1キロワット時の電気を発電したときのCO2排出量。CO2排出量を販売電力量で割って算出する。1キロワット時は、7〜10畳用のエアコンで冷房を2時間使った場合や、32型液晶テレビを7時間視聴した場合の消費電力にあたる。

最新ニュース

写真・図版

ありふれた物質から次々「現代の錬金術師」細野秀雄さん(2019/10/5)

 ありふれた物質から、世間をあっと驚かせる物質を次々につくり出してきた。透明な半導体や電気を通すセメント、鉄を含んだ超伝導物質――。電子を物質に付け加えたり、逆に抜いたりして性質を一変させてしまう東京…[続きを読む]

液晶テレビをコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ