メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

  • 清原和博

清原 和博

KIYOHARA kazuhiro
生年月日 1967年08月18日
出身 大阪府岸和田市、大阪・PL学園高
83年夏から5季連続で甲子園出場
通算13本塁打を放ち2度全国制覇
85年秋のドラフトで西武に入団
巨人、オリックスを経て2008年引退

朝日新聞の取材から

写真・図版

清原和博さん「死ぬしかないと短刀を」 薬物との闘い有料会員限定記事 (2019/6/21)

球界のスターはなぜ薬物依存症になったのか。依存症からの回復途上でどんな葛藤を抱え、何を支えにしているのか。元プロ野球選手の清原和博さん(51)が朝日新聞の単独インタビューに応じた。全4回にわたりお届けする。初回は、プロ野球を引退してから覚…[続きを読む]

写真・図版

(beランキング)心に残る夏の甲子園ヒーロー 「コンビ」「ライバル」が上位に (2015/7/11)

第97回全国高校野球選手権大会の地方大会が始まりました。今年は大会が生まれて100周年。甲子園の土を踏んだ全選手がヒーローといえますが、今回あえて順位を付けてみると、「KKコンビ」や「ハンカチ王子」「大ちゃんフィーバー」など社会現象になっ…[続きを読む]

写真・図版

落合、清原、そして村田…巨人入団のFA選手、その後は有料会員限定記事 (2018/3/6)

昨季までプロ野球の巨人でプレーした村田修一内野手(37)が、独立リーグのBCリーグ栃木に入団することが決まった。横浜(現DeNA)在籍時に2度の本塁打王となり、2011年オフに海外フリーエージェント(FA)権を行使して巨人に移籍。だが「若…[続きを読む]

写真・図版

運命のドラフト会議、笑顔と落胆の歴史 今年のドラマは (2017/10/26)

プロ野球のドラフト(新人選択)会議が、26日午後5時から、東京都内のホテルで開かれる。注目は高校通算111本塁打を放った清宮幸太郎選手(東京・早稲田実高)。複数球団が1位指名することが予想されているが、はたして何球団が指名するのか? どの…[続きを読む]

孤独と不安で落ちた番長(きょうも傍聴席にいます) (2016/5/31)

「球界の番長」と呼ばれたかつてのスター選手は、法廷で何度も涙をぬぐった。覚醒剤を使った理由として口にしたのは、野球を離れた後の孤独と不安。だが再生へ向け、彼はすべてを語ったのだろうか。 朝から雨が降り続いた5月17日。東京地裁近くの日比谷…[続きを読む]

最新ニュース

写真・図版

唯一無二の舞台、日本シリーズが江夏の21球を生んだ(2019/10/18)有料会員限定記事

 九回裏無死満塁。1979年11月4日、日本一を目前に広島・江夏豊投手は絶体絶命のピンチに立たされた。 この年のプロ野球日本シリーズは、ともに初の日本一をめざす広島と近鉄が3勝ずつで並び、最終戦。広島…[続きを読む]

PR注目情報

注目コンテンツ