メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

清水区

関連キーワード

  • 静清工業用水道(2010年01月22日 朝刊)

    1941年給水開始。全長約48キロで、給水能力は1日最大9万6千立方メートル。静岡市葵区門屋で安倍川の伏流水を取水し、同市清水区上原の配水池を経由して配水している。県企業局は2週間に1度の割合で、地表面への漏水を目視確認しているという。

  • 袴田事件と袴田巌さんの近況(2014年10月15日 朝刊)

    1966年6月30日未明、静岡県清水市(現・静岡市清水区)のみそ製造会社専務宅から出火。焼け跡から専務、妻、次女、長男の遺体が見つかった。県警は従業員だった袴田巌さんを強盗殺人などの疑いで逮捕。80年に死刑が確定した。今年3月27日、静岡地裁が第2次再審請求審で「警察の証拠捏造(ねつぞう)」の可能性にまで言及した上で再審開始を認めた。袴田さんは釈放されたが、静岡地検が東京高裁に即時抗告、再審が始まるかどうかは確定していない。袴田さんは8月末から肺炎で入隠胆嚢(たんのう)の除去手術などを受け、9月29日に退隠体調は良好という。

  • 袴田事件と昨年3月の静岡地裁決定(2015年03月18日 朝刊)

    1966年6月30日未明、旧清水市(現静岡市清水区)でみそ製造会社専務宅が全焼し、家族4人の遺体が見つかった。県警は従業員で元プロボクサーの袴田巌さんを強盗殺人などの疑いで逮捕。80年、最高裁で死刑が確定した。昨年3月27日、静岡地裁が第2次再審請求審で警察による証拠の捏造の可能性にまで言及した上で、再審開始を認めた。袴田さんは釈放されたが、決定を不服とした静岡地検が東京高裁に即時抗告し、再審が始まるかどうかは確定していない。

最新ニュース

写真・図版

静岡)トラフ地震、約1600年前にも? 高校生ら発表(2019/9/16)有料記事

 震源域が南海トラフ東部から駿河湾周辺の駿河トラフにまで及ぶ大地震が西暦400年ごろに起きていた可能性があることが、静岡大学の北村晃寿教授と磐田南高校地学部などの合同グループの研究で明らかになった。こ…[続きを読む]

清水区をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ