メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

温暖化対策

関連キーワード

  • 温暖化対策の国際ルールと日本の目標(2012年12月05日 朝刊)

    京都議定書は先進国に温室効果ガス排出量の削減を義務づけている。日本の義務は第1約束期間(08〜12年度)に90年度比で平均6%の削減。原発事故後、火力発電を増やして電力不足を補った影響で、11〜12年度は排出が増えたとみられる。日本は来年からの第2約束期間には参加せず、20年に各国が加わる新たな枠組みができるまで、自主目標に基づき削減を進める。鳩山政権が示した「20年に90年比25%削減」が国際公約だが、原発事故の影響で事実上達成できなくなり、政府が見直しを進めている。

  • EUの地球温暖化対策(2014年01月22日 朝刊)

    2050年までに温室効果ガスの排出を1990年比で80〜95%削減する。現在は2020年までの目標があり、(1)温室効果ガスの90年比20%削減(2)再生エネの割合を20%に向上(3)エネルギー消費を07年の予測値より20%削減——の三つを掲げる。(1)と(2)は加盟国ごとに目標数値が割り振られ、達成を義務づける。12年時点で、EU全体の温室効果ガスは90年比約18%削減され、20年の目標が達成できる見通し。再生エネの割合は12年で約14%と見込まれ、エネルギー消費削減とともに達成が危ぶまれる。

  • ユーロサイエンス・オープンフォーラム(2008年08月08日 朝刊)

    欧州の統一的な研究体制を推進するため、04年にストックホルムで第1回会議を開催。2年ごとに開かれ、バルセロナでの第3回会議には約4千人が参加。幹細胞研究、地球温暖化対策、脳科学などのテーマについて議論した。

最新ニュース

写真・図版

(2030 SDGsで変える)コロナ危機、理念を力に(2020/5/23)有料記事

 新型コロナウイルスの影響が続くなか、「誰ひとり取り残さない」ことを目指すSDGs(エスディージーズ)(持続可能な開発目標)は「絵空事」になってしまうのでしょうか。130のNGOやNPOなどで作る「S…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ