メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月03日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

温暖化

関連キーワード

  • 温暖化対策の国際ルールと日本の目標(2012年12月05日 朝刊)

    京都議定書は先進国に温室効果ガス排出量の削減を義務づけている。日本の義務は第1約束期間(08〜12年度)に90年度比で平均6%の削減。原発事故後、火力発電を増やして電力不足を補った影響で、11〜12年度は排出が増えたとみられる。日本は来年からの第2約束期間には参加せず、20年に各国が加わる新たな枠組みができるまで、自主目標に基づき削減を進める。鳩山政権が示した「20年に90年比25%削減」が国際公約だが、原発事故の影響で事実上達成できなくなり、政府が見直しを進めている。

  • EUの地球温暖化対策(2014年01月22日 朝刊)

    2050年までに温室効果ガスの排出を1990年比で80〜95%削減する。現在は2020年までの目標があり、(1)温室効果ガスの90年比20%削減(2)再生エネの割合を20%に向上(3)エネルギー消費を07年の予測値より20%削減——の三つを掲げる。(1)と(2)は加盟国ごとに目標数値が割り振られ、達成を義務づける。12年時点で、EU全体の温室効果ガスは90年比約18%削減され、20年の目標が達成できる見通し。再生エネの割合は12年で約14%と見込まれ、エネルギー消費削減とともに達成が危ぶまれる。

  • クールビズ(2014年06月19日 朝刊)

    エアコンを28度以上に設定しても快適に過ごせるノーネクタイやノージャケットなどの服装で、環境省が2005年に提案。11年には取り組みをさらに進めようと、ジーパンやポロシャツ、アロハシャツや半ズボンなども認める通勤スタイルを一般企業にも勧めはじめた。地球温暖化防止が目的で、同省の試算では10年度に393万世帯の1カ月分の二酸化炭素の排出量に当たる169万トンが削減される効果があったとしている。

最新ニュース

写真・図版

(1.5℃の約束)雲作り、温暖化防げるか 海水を噴霧、太陽光の反射率高める(2022/10/3)

 ノズルの先から噴き出した白い霧は、数秒で、テニスコートほどの大きさのテントに満ちていった。 この白い霧が将来、地球温暖化対策で重要な役割を果たすかもしれない。 カリフォルニア州シリコンバレーの北部、…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&M】かわいい外観のピュアEV

    小川フミオのモーターカー

  • 写真

    【&M】設営と片付けを楽にするギア

    山城さくらのキャンプFM

  • 写真

    【&Travel】安藤建築の粋、新感覚ステイ

    京都ゆるり休日さんぽ 丸福樓

  • 写真

    【&M】本格派インドの味を松本で

    口福のカレー

  • 写真

    【&w】母の夢は移動式本屋

    花のない花屋

  • 写真

    好書好日リュウジさんが2度目の栄冠

    料理レシピ本大賞をリポート

  • 写真

    論座「余命宣告」から1年

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン大野拓朗×ポール・スミス

    オーダースーツを初体験!

  • 写真

    Aging Gracefully女性の気になる悩みを解決?

    参加費無料オンラインイベント

  • 写真

    GLOBE+民主党逆転の可能性

    アメリカ中間選挙、一体何が?

  • 写真

    sippo放置されていた病気の高齢犬

    動物看護師は別れの時まで共に

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ