メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

港北区

関連キーワード

  • 石阪氏の政治資金パーティー問題(2010年02月11日 朝刊)

    横浜市の3人の副市長と収入役や幹部職員が2005年11月、元同市港北区長だった石阪氏を支援する政治資金パーティーへの参加を部下に働きかけて開催。石阪氏が町田市長選に初当選後、政治資金規正法違反事件に発展した。中田宏市長(当時)が監督責任を取って給与半額カット3カ月、前市長室長(同)は罰金30万円の略式命令を受けて停職9カ月(依願退職)など約90人が処分された。石阪氏も罰金30万円の略式命令を受け、自ら報酬3割カット半年間の処分。

  • 相談支援センター(2010年05月16日 朝刊)

    全国で質の高いがん医療を提供できるように厚労省が指定するがん診療連携拠点病院に設置される。治療や療養などの不安や心配事に、看護師やソーシャルワーカーが無料で答える。治療の判断はできないが、参考になる情報を提供する。拠点病院には県のがん医療で中心的役割を担う県がん診療連携拠点病院と、2次医療圏と呼ばれる地域に設置される地域がん診療連携拠点病院がある。県内の拠点病院は以下の通り。県立がんセンター(横浜市旭区)、横浜市民病永同市保土ケ谷区)、横浜労災病永同市港北区)、横浜市大病永同市金沢区)、聖マリアンナ医科大病永川崎市宮前区)、川崎市立井田病永同市中原区)、横須賀共済病永横須賀市)、藤沢市民病永藤沢市)、東海大病永伊勢原市)、相模原協同病永相模原市)、北里大病永同)、小田原市立病永小田原市)。

最新ニュース

写真・図版

生き物研究、「市民科学」の輪 高校生+理研+企業でミドリムシマップ(2019/7/11)有料記事

 ミドリムシから渡り鳥まで身近な動植物の情報を広く集めるのに、科学の研究に多くの市民が参加する「シチズンサイエンス(市民科学)」が役立っている。この手法は教育に生かすこともでき、優秀な才能を見いだすき…[続きを読む]

港北区をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&D】17のカラーバリエーション

    安心・快適な車内空間〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】標高3千メートル超の峠越え

    下川裕治が行く台湾の超秘湯

  • 写真

    【&M】野口健が娘と挑む、次の“頂”

    アフリカ大陸の頂上に挑戦

  • 写真

    【&w】小玉すいかの前菜

    細川亜衣さんの『果実』レシピ

  • 写真

    好書好日芥川賞ぜんぶ読んだ人

    直木賞すべて読んだ人と対談

  • 写真

    論座続安田純平「出国禁止」状態

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン注目の女優・山口まゆ

    なぜ役者をやるのか

  • 写真

    T JAPAN坂本龍一、本の可能性を語る

    メディアとして本の価値

  • 写真

    GLOBE+日本で育ったのに退去ですか

    「故郷」に拒まれる外国人

  • 写真

    sippo病院常勤のファシリティー犬

    子どもたち癒やし10年

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ