メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

漆塗り

関連キーワード

  • 内蔵(2008年10月03日 朝刊)

    旧増田町は明治から昭和初期にかけ養蚕や葉たばこ、水力発電などで潤い、商業地主らが接客や財産保護のため建物の中に内蔵を建てた。ケヤキなどの大きな木を使い、総漆塗りの豪華な蔵もある。現在、中七日町の400メートルの通りに内蔵42棟、外蔵47棟が確認されている。

  • 宮型霊柩車(2010年05月15日 朝刊)

    徒歩の葬列で、遺体を輿(こし)と呼ばれる台に乗せて担いだのを起源とし1910年代に誕生したとされる。1台の製作費用は、車体と装飾を合わせ1500万〜2千万円。金箔で飾ったタイプのほか、ヒノキを原料とした白木造りの関西型、漆塗りの名古屋型など地域性も見られる。料金体系は宮型、洋型とも距離10キロで2万〜5万円ほど。

  • 野口王墓古墳(2012年11月12日 夕刊)

    天武天皇(在位673〜686)と妻の持統天皇(同690〜697)を合葬した「檜隈(ひのくま)大内陵」として宮内庁が管理し、立ち入りは厳しく制限されている。「阿不幾乃山陵記」によると、横穴式石室の中に天武天皇のものとみられる漆塗りの棺と、火葬された持統天皇のものらしい金銅製の蔵骨器が並んでいるという。

最新ニュース

写真・図版

コマノミクスに2新製品の矢 将棋の聖地めざす街、巧みに攻めつなぐ(2021/10/3)

 山形県天童市を「将棋の聖地」とすることで街おこしを図る「コマノミクス事業」で、天童商工会議所は今年度上期の新製品2種のお披露目をした。将棋の駒の形の器に盛られた「将棋ざるそば」と、市観光物産協会のキ…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&M】廃虚が文化施設に変身

    魅惑のガバナーズアイランド

  • 写真

    【&Travel】豪農屋敷、雪国の湯と文化

    楽しいひとり温泉 新潟

  • 写真

    【&Travel】犬が見つけるトリュフ狩り

    欧州おいしい旅

  • 写真

    【&M】ビールライフが一変?

    グロウラーが“買い”のワケ

  • 写真

    【&w】先生の背中を追いかけて

    花のない花屋

  • 写真

    好書好日高樹のぶ子が読む月夜の森…

    希望というかなしみを痛感

  • 写真

    論座二大政党の政権交代を疑う

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンドルモアのジャケット

    極上の着心地を実現した一着

  • 写真

    Aging Gracefullyゴルフは足元から

    大谷奈千代プロと足病医の対談

  • 写真

    GLOBE+世界最大の湿地帯が干上る

    今、起きている異変の正体

  • 写真

    sippo人気の無重力猫ミルコ

    あこがれの「猫遊園地」の魅力

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ