メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

瀬戸内町

関連キーワード

  • 戦時下の奄美(2008年08月12日 朝刊)

    沖縄本島での戦闘が激化した太平洋戦争末期、奄美群島は本土を守るための前線基地として重視され、陸海軍の守備隊が置かれた。奄美大島南部の瀬戸内町に軍事施設が点在し、加計呂麻島や喜界島、徳之島に特攻隊の基地や中継飛行場がつくられた。名瀬など都市部の空襲は44年10月に始まり、群島の8有人島で計632人の死者・行方不明者が出た。住宅など約2万1千戸が破壊された。

  • 奄美大島への陸上自衛隊配備計画(2015年03月02日 朝刊)

    南西諸島の防衛強化を目的に、奄美市大熊地区のゴルフ場の一部(約35ヘクタール)に警備部隊と地対空ミサイル部隊の約350人、瀬戸内町節子地区の町有地(約30ヘクタール)に警備部隊と地対艦ミサイル部隊の約200人を配置。庁舎や隊員宿舎、緊急ヘリポートを兼ねたグラウンド、射撃場、弾薬庫などを整備する。2018年度までに配備される見込み。

最新ニュース

写真・図版

鹿児島)大型クルーズ船寄港地開発「誘致を断念」(2019/8/24)有料記事

 地域振興のために大型クルーズ船寄港地開発の誘致を検討していた奄美大島・瀬戸内町の鎌田愛人(なるひと)町長は23日、「誘致を断念する」と発表した。国が旗を振る新寄港地開発に名乗りをあげる予定だったが、…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ