メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

瀬戸市

関連キーワード

  • 愛知県瀬戸市の郵便入札談合(2009年11月05日 朝刊)

    瀬戸市発注の下水道工事をめぐり、05年9〜10月の3件の郵便入札で談合したとして、同市や名古屋市の建設業者の営業担当者らが06年に有罪判決を受けた。瀬戸市は工事請負契約の違約金条項に基づき、3件の工事を落札した2社に賠償金計約2700万円を請求した。

  • ドライミスト(2009年07月17日 朝刊)

    約3メートルの高さのノズルから16マイクロメートル(1マイクロメートルは1ミリの千分の1)の細かな水滴が噴き出され、気化熱で涼しくなる。一般のエアコンに比べて消費電力は20分の1で、噴霧エリアの気温を2、3度下げるという。EXPOエコマネー買い物でレジ袋を断ったり環境学習に参加したりするとポイントがもらえ、そのポイントで環境関連の商品への交換や植林活動に寄付できる。万博閉幕後の05年11月からは、商品交換のための「エコマネーセンター」をアスナル金山(名古屋市中区)に移した。現在は愛知県瀬戸市、長久手町、豊田市にもサテライトセンターがある。

  • 海上の森(2010年02月04日 朝刊)

    瀬戸市南東部に広がる約530ヘクタールの森林で、うち510ヘクタールが県有地。2005年の愛知万博の主会場の候補地となったが、オオタカの営巣が見つかったことなどから、建物の建設はごく一部の区域に絞られた。

最新ニュース

写真・図版

愛知)コロナ対策の給食費無料、15市町で 最長6カ月(2020/5/22)

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、子育て世代の経済的な負担を軽減するため、小中学校の全児童・生徒の給食を無償化する動きが愛知県内の自治体で相次ぐ。朝日新聞の調べでは54市町村のうち、4分の1を超え…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ