メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

炭素繊維

関連キーワード

  • 炭素繊維(2011年09月17日 朝刊)

    主に、アクリル繊維を高温で焼いてつくる「PAN系」と、石油精製や、石炭をコークスにする際に出る残りかすからつくる「ピッチ系」がある。釣りざお、人工衛星やゴルフクラブなどへ用途が広がっており、航空機や自動車の部品には強度と弾性に優れるPAN系が使われている。

  • 炭素繊維複合材料(2009年11月29日 朝刊)

    アクリルなどの有機系繊維を蒸し焼きにし、炭素以外の元素をできるだけ抜いてつくった炭素繊維と、樹脂を混ぜ合わせてつくる。鉄に比べ、比重は4分の1で強さは10倍。変形した状態から元に戻る力は7倍で、化学薬品に強く、さびないなど利点は多い。だが、加工コストは鉄の数十倍と言われ、普及の大きな壁になっている。

  • ボーイング787(2013年01月16日 夕刊)

    米ボーイング社が開発した最新鋭の中型旅客毅金属の代わりに炭素繊維の複合材を多用し、重量を抑えて従来機より燃費を向上させたのが特徴。三菱重工業や川崎重工業など日本企業も多く製造にかかわっている。

最新ニュース

写真・図版

「ノーベル賞もらう人」誰も信じなかった 旭化成支社長(2019/10/10)

 吉野彰さんのノーベル化学賞受賞発表から一夜明けた10日、旭化成延岡支社で濱井研史支社長(62)が感想を述べた。 濱井支社長は4~5年前に東京本社で、ある技術の事業化について吉野さんと議論したという。…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ